たった1か所追加するだけ!プロも実践する「ナチュラルに目を大きく見せる」簡単メイクのやり方

更新日:2022年3月9日 / 公開日:2022年3月9日

メイクアップアドバイザーの伊早坂美裕です。「涙袋メイク」や「白目拡張メイク」など、目を大きく見せるためのメイク方法がメジャーになり、いかに目を大きく魅力的に見せるかが昨今のメイクトレンドになりました。今回はたった一か所追加するだけで、ナチュラルに目を大きく見せる、失敗しにくいメイクテクをご紹介します。

デカ目メイクのお悩み、解決します!

目を大きく見せるメイクがトレンドですが、どちらのメイク方法もステップがいくつかあり、メイク初心者さんには少しハードルが高いですよね。

また、メイクしている感が強くなるので、仕事などTPOによっては不向きな場合もあるのが難点です。

そこで、今回はそんなお悩みを解消できる、たった一か所追加するだけで、ナチュラルに目を大きく見せるアイメイクテクニックをご紹介します。

プロも撮影現場で使うテクでグッとデカ目に

今回ご紹介するテクニックは「目頭くの字部分にアイシャドウの締め色を入れるだけ」という、とても簡単な方法です。

実はこのテクニック、アイドルやモデルさんたちが撮影の際に実際に使っている、プロのテクニックなんです。

プロたちは、強い照明にも負けないように、アイライナーなどでしっかりと強調させていますが、普段のメイクでこれをすると、メイクをしている感が強すぎてトゥーマッチ。よりナチュラルにするために、アイシャドウの締め色を使って行ってみましょう!

必要なものは2つだけ

このテクニックで必要なものは、細身のアイシャドウブラシと、手持ちのアイシャドウパレットの締め色の2つだけです。

アイシャドウブラシは、画像のようにできる限り細身のものを選びましょう。平筆で筆先に厚みのないものが理想です。アイシャドウチップでも代用できますが、なるべく先の細いものを用意しましょう。

締め色は、どのようなアイシャドウパレットを使うかにもよりますが、濃いパープルやブラックなどは主張が強すぎてしまいます。温かみのあるブラウンが1番ナチュラルに仕上がるのでオススメです。

ナチュラルに目を大きく見せるアイメイクテクニック

まず、ブラシにアイシャドウパレットの締め色を取ります。ブラシに締め色を取ったら、すぐに目元に使わずに一度ティッシュや手の甲で粉の量を調節しましょう。こうすることで、色が濃くなりすぎたり、ムラになってしまったりといった失敗を防ぐことができます。

次に、目頭にくの字を書くように締め色を入れます。入れる範囲は画像の赤い点線部分のように、狭めの範囲にします。特に下側は、まつげの生え際に沿うように細く入れるように意識しましょう。

このテクニックを使うことで、ぼやけがちな目頭のフレームを引き締めることができるので、ナチュラルに目を大きく見せることができます。

今回はアイシャドウパレットの締め色を使用しましたが、目薬を差す機会が多い方や涙目の方は、アイシャドウが滲みやすい場合があるので、ウォータープルーフ処方のアイブロウパウダーを使ってみましょう。アイシャドウよりも滲みにくいので、オススメです。

とても簡単なこのテクニック、たった1か所だけですが、効果は想像以上なので、ぜひ試してみてくださいね!



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録