引っ越しする人必見!転勤族の整理収納アドバイザーが「やらずに後悔したこと」3選

更新日:2022年4月14日 / 公開日:2022年4月14日

賃貸社宅暮らし、転勤族の整理収納アドバイザー堀祐子です。この春、夫の転勤で3年ぶりに引っ越しをすることになりました。そこで今回は過去にわが家がやらずに後悔したことと題して、失敗を繰り返さないために意識していることを3つご紹介します。

1.ガスコンロ下シート

DAISO/キッチンコンロ用下敷き
価格:110円(税込)

前回の引っ越し前夜、ガスコンロを除けたら想像を絶する光景が…!

引っ越しと同時に必要になってくるのが「原状回復」ですが、畳や襖の日焼けなど、普通に暮らしていても起こるような経年劣化を除いて、入居者には入居時の状態に戻して退去するという義務があります。

しかし以前住んでいた家では引っ越し当初の手間を怠り、ガスコンロ下に何も対策をしないまま何年も使い続けていたのが原因で、原状回復に6時間もかかってしまいました。

【※以下閲覧注意】

【Before】油や食品汚れで変色したコンロ下

【After】

長年ガスコンロを設置したまま使い続けて変色してしまったコンロ下を、スチームクリーナーと雑巾で必死に磨いて汚れを落とし、何とか入居時の状態に戻して管理人さんのOKをもらいました。

結果的にこの出来事がきっかけで心を入れ替え、定期的に100均で購入したシートを交換することに繋がったのですが、今思い出しても本当にしんどかったので、二度と同じ失敗をしないために次の家でも必ず敷こうと思っています。

2.換気扇カバー

DAISO/換気扇カバー
価格:110円(税込)

ガスコンロ下と同じく、時間が経てば経つほど掃除の時間や手間が掛かってしまうのが換気扇。

つけ置き洗いや日々の掃除が苦でなければ良いのですが、やはりこちらも面倒なことになる前に対処しておいた方がラクです。

最近では100均でもカバーやシートタイプなど色んな種類のモノが手に入るので、ぜひ活用してみて下さい。

固まった油汚れは専用洗剤でもなかなか落ちず、放っておくと故障の原因や退去時の掃除でかなりの時間ロスをしてしまうため、特に古い賃貸などでは対策必須の場所だと思っています。

3.シンク下シート

ニトリ/システムキッチンの汚れを防ぐシート
サイズ:奥行55cm
価格:699円(税込)

新居を汚したり傷つけたりしたくない。古い賃貸で直にキッチン用品などを置くことに抵抗がある…そんな時は防虫や滑り止めを兼ねたシートで汚れ対策を。

これも一旦荷物が入ってしまうと面倒になるので、入居時にやっておくことをおすすめします。

透明なシートなら視界もごちゃごちゃせず、シートを敷いたことで安心して置けるようにもなります。

また、シンク下が木目の場合は鍋の跡や調味料などでできた輪染みがなかなか落ちません。場合によっては退去時に原状回復の工事が必要となることもありますので、ケースなどを使用せず直置きする場合は、汚れ防止の観点からも敷いておくと安心です。

こちらの商品は格子状の線が入っているのでカットしやすく、食品添加物を原料にした防虫剤が使われています。

今の団地でも丸3年使用しましたが、ズレたり劣化したりすることなく快適に使えているので、今回も引っ越し前に準備を済ませました。

いかがでしたか。

実体験から、引っ越し費用を安く抑えたければ整理して運ぶ荷物の量を減らし、原状回復にかかる費用や時間を抑えたければ入居時の手間や日々の掃除を溜めないことだと学んだわが家。

特に今回挙げたキッチン回りはホコリや水分以外にも油や食品などの汚れが入り混じる場所です。過去のわが家のような失敗をしないためにも、便利グッズの力を借りつつ、少し先の自分をラクにするための対策をぜひ意識して実践してみて下さいね。



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録