似合うがわかれば挑戦しやすい♡パーソナルカラー別!GUカラーパンツおすすめアイテム&コーデ

更新日:2022年4月23日 / 公開日:2022年4月23日

こんにちは!スタイリングプロデューサーのAKANEです。今年のトレンドは、ポジティブカラー!特に春夏は明るくて、気持ちまで元気になるカラーがたくさん。今回はGUで発売されてから話題沸騰中のカラーパンツを、パーソナルカラー別にご紹介します!

1分で似合うがわかる♡パーソナルカラーセルフ診断チェックシート!

まずはセルフチェックで自分のパーソナルカラーはどれか診断してみましょう。自分のタイプはわかりましたか?それではご紹介していきます!

スプリングタイプ:フルーティな色合わせで可愛らしいカラーコーデに

パーソナルカラースプリングは、春のお花畑や新緑を思わせる、明るく華やかな色味が似合うタイプ。

オススメのカラーパンツはこちら。

カットソーカラーフレアスラックス(丈標準67~71cm)11 PINK

柔らかさと温かみのある色合いがとってもお似合い。ピンクは甘い印象になるアイテムですが、パンツをチョイスすることで洗練された印象に。

トップスにもカラーものを持ってきて、お得意のポップな色合わせで可愛らしさとアクティブさを兼ね備えたコーディネート にしました。

小物系はホワイトやベージュを合わせると、春夏らしい爽やかさを表現できますよ。

■アイテム例
・スクエアネックブラウス
・プラットフォームナローストラップサンダル
・キャンバスドローストリングバッグ
・カラースクエアイヤリングセット
・カラービーズネックレス

サマータイプ:優しげな配色できれいめカジュアルなカラーコーデに

パーソナルカラーサマーは、初夏に咲く紫陽花や朝顔のように淡くソフトな色味のタイプ。

オススメのカラーパンツはこちら。

カラースラックス(丈標準69〜73cm)62 BLUE

サマータイプの得意な、ライトブルー×グレーの優しい配色に、あえてヴィヴィッドなピンクのバッグをアクセントでプラス。

ロゴTでカジュアルだけど、上品さ漂うきれいめカジュアルコーデに仕上げました。

シルバーのアクセをつけると、より一層上品さが引き立ちます。

■アイテム例
・スウェT(5分袖)(ロゴ)1
・2WAYクリア&メタルイヤーカフ4P
・コンフォートヒールミュール
・レザータッチドローストリングバッグ
・メタル&チェーンブレスレット
・パールネックレス

オータムタイプ:アースカラーを使ってかっこいいカラーコーデに

パーソナルカラーオータムは、熟した果実や紅葉のように、温かみのあるディープなカラーが似合うタイプ。

オススメのカラーパンツはこちら。

フレアパンツZ(セットアップ可能)22 ORANGE

オレンジのパンツにブラウンを効かせた落ち着いたカラーコーデ。

オータムタイプはマットな質感もお似合いになるので、全体的に艶を少なめに。

羽織っているシャツはレースであることで、メンズライクになりすぎず、程よい女性らしさのあるコーディネート に。

濃いめのブラウンやキャメル、グリーンの小物を持っているとコーディネートに合わせやすい。今回は深めのグリーンにすることで引き締めポイントに。

■アイテム例
・リブスクエアネックニットタンクトップ
・プラットフォームクリアサンダル+X
・レースシャツ(長袖)
・クロシェバッグ+E
・カラーイヤリング&イヤーカフセット

ウインタータイプ:くっきりした配色で、モードさのあるカラーコーデに

パーソナルカラーウインターは、鮮やかでクリアな原色系の色やモノトーンがよく似合うタイプ。

オススメのカラーパンツはこちら。

カラースラックス(丈標準69〜73cm)66 BLUE

ヴィヴィッドなブルーのパンツを主役に、それ以外をモノトーンでまとめることでモードさ引き立つかっこいいカラーコーデに。

パキッとした色合わせが得意なので、白もアイボリーではなく真っ白がお得意。コントラストのきいた色合わせで、はっきりしているけれど楽しさ溢れるアクティブな配色で楽しみましょう。

■アイテム例
・ケーブルクロップドニットキャミソールNT+X(アンサンブル可能)
・メッシュカーディガン(長袖)NTQ+E
・ナローミニメタルピアスセット
・レザータッチスクエアミニショルダーバッグ
・ボリュームソールグルカサンダル

いかがでしたでしょうか?自分にぴったりのカラーパンツを探したい…と悩んでいた方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

パーソナルカラーについて詳しく知りたい方、プロに診断して欲しい方はお気軽にご相談ください!Instagramでは日々のコーディネートを配信していますので、よろしければそちらもフォローお願いします!

※記事内で紹介したアイテムはすべてGUのアイテムです。



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録