お古メイクは卒業♡プロが教える「2022年の今っぽ眉」の作り方

更新日:2022年5月21日 / 公開日:2022年5月21日

コスメコンシェルジュ・イメージコンサルタントのIkueです。みなさんは年が変わるごとにメイクを変えていますか?ファッションの流行があるようにメイクにもトレンドがあり年々少しずつ変わってます。今回はプロが教える今っぽ眉の作り方をご紹介します。

古く見える原因は眉の太さ!ナチュラル眉が今っぽ

眉メイクで古く見える原因は「眉の太さ」です。一昔前は細めの眉が定番でしたが、今はナチュラルで太めのものが今っぽ眉に見える太さです。

NGな眉は細くて角度のある眉

細すぎる眉にさらに角度のある眉山はさらに古臭く見えてしまいがち!

今っぽ眉は太さのあるナチュラル眉

今っぽ眉を作るポイントはナチュラルな太さと平行・なだらかな眉山です。

グラデーションだけじゃない!2022年は眉の流れにも注目

眉を書く時はグラデーションを作ることを忘れずにしましょう。古臭い眉は濃すぎたり眉山から眉尻までベタ塗りしたような眉だったり…。

今っぽ眉は眉頭が薄く、眉尻にかけて濃くなるグラデーションにすることがポイント!アイブロウペンシルだけでなく、パウダーを使ったりアイブロウマスカラを使って仕上げましょう。

色だけでなく、立体感と毛の流れにも注目です。眉頭の毛は上向きに・そして眉尻に向かって流れを作るように意識しましょう。

色は1色だけじゃない!眉にも色を取り入れよう

2022年今っぽ眉の中でも1番大事なのが色です!今までの色はブラウンやグレーばかりでしたが、最近はアイブロウパウダーの種類もカラーバリエーション豊富になっています。

オススメはこちらのアイブロウパウダー

Kiss 抜け感ニュアンスカラーアイブロウパウダー

右:01PINK BROWN 左:02VIOLET BROWN

眉尻にちょっと色を足すだけでもOK!今っぽさだけでなく印象も変わるので眉に色を取り入れるのはとってもオススメです。

イエベ・ブルベ向けなどパーソナルカラーに合わせて色を選んだり、メイクや髪色に合わせて選んでみましょう!

今っぽ眉の作り方についてご紹介しました。取り入れられそうなテクニックはありましたか?簡単に今っぽ眉を手に入れられるのでぜひ挑戦してみてくださいね!



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録