ちょっと変えただけなのに一気にデカ目に♡ナチュラルデカ目に見せる簡単メイクテク3選

更新日:2022年7月25日 / 公開日:2022年7月25日

今回はいつものアイメイクに少し加えるだけで簡単に目を大きく見せるテクニックを3つご紹介いたします♡

【Point①】デカ目に見える涙袋のラメの入れ方

涙袋に細かいラメや明るめのアイシャドウやハイライトを塗ってぷっくり見せている方も多いのではないでしょうか?

さらに目頭から涙袋の中心にかけてシルバーなどの肌なじみのいいラメを軽く乗せると涙袋に立体感がでて、目が大きく見えます!

涙袋全体に細かいラメを塗っている場合、目頭から涙袋の中心に塗るラメは違う大きさや色のものを選ぶと◎

今回使ったのはADDICTION ザアイシャドウ スパークル SP004 Mariage。

ギラギラしすぎす上品なシルバーラメが大人女子にぴったりです。

涙袋用の小さめのブラシを使うとピンポイントにラメをのせることが出来るのでおすすめです♡

【Point2】 中顔面短縮&デカ目に見える疑似粘膜

下まぶたのキワにピンクのアイシャドウを入れると目の粘膜の位置が下に下がったように見え、目が大きく見えます!

下まぶたのキワ全体に入れてしまうと地雷系っぽくなってしまうので目尻側だけ入れるとナチュラルな仕上がりになります。

今回はCANMAKE パーフェクトスタイリストアイズ(旧) NO.14アンティークルビーの右上のピンクを使いました。今回使用しているのは旧タイプですがリニューアル版にも同じカラーがあるので、新たに買う方はそちらを使ってみてください。

ピンクや赤のアイシャドウで擬似粘膜を作ると中顔面も短く見えるのでとてもおすすめです♡

【Point3】デカ目に見える上まぶたのラメの入れ方

上まぶたの中心に細かいラメやハイライトを入れると瞳に光が入ったように見え、目が大きく見えます♡

まぶたにも立体感が出るのでアイメイクにもメリハリが出ます。

今回はビーアイドル THEアイパレ 01本命のブラウンの左上のラメが入ったカラーを使いました。

ラメやハイライトを上まぶたの中心に入れる時は

・まぶた全体に塗ったアイシャドウと同系色のラメやハイライトを選ぶ

・ハイライトはギラギラしすぎないもの、ラメは小さめで上品なものを選ぶ

の2点に気をつけ、指で左右に広げるように塗ると失敗しにくいです!

以上、簡単にナチュラルデカ目に見せるメイクテクニック3選を紹介いたしました。

いつものアイメイクにひと手間を加えるだけでナチュラルに目をくっきり、大きく見せることができます!

特別なテクニックではなく、簡単に目を大きく見せることができるので参考にしていただけると嬉しいです♡



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録