アラサーさん必見!20代のままの「お古眉&アイメイク」を垢抜けメイクに格上げする方法

更新日:2022年7月23日 / 公開日:2022年7月23日

Y2Kブーム到来で「このメイク懐かしい〜」となっているアラサーさんも多いのではないでしょうか?10代の頃に流行ったギャルメイクの流れを汲んだメイクを、20代も続けてきたみなさん、30代に突入してからは大人の魅力たっぷりのメイクに格上げしませんか?今回はアラサーさんにぜひやって欲しい、今っぽメイクをご紹介します。

やってしまいがち「お古メイク」の特徴

今のアラサーさんがメイクに目覚めた頃は、浜崎あゆみや倖田來未などを意識した、ギャルメイクが主流だったため、なんとなく濃いメイクになってしまう方も多いはず。

角度のついた眉やがっつりアイシャドウ&アイライナー、今はもう使ってないけど付けまつげをプラスすればまるであの頃と同じメイクに…。

「お古メイク」はトレンド感を失うだけでなく、老け見えの原因にもなります。

令和の大人の女性にふさわしい今っぽメイクをマスターしましょう!

【POINT1】眉は太く・短く

今の眉のトレンドは圧倒的に平行眉です。

角度をつけず、眉のアンダーラインが真っ直ぐになるように描きましょう。

少し太め&短めにすることで、顔全体のリフトアップ効果も期待できます。

【POINT2】アイラインはインサイドラインで

アイラインはまつ毛の間を埋めるようにインサイドラインのみで仕上げます。

目尻側のみリキッドライナーなどを使って、目尻を伸ばすとよりデカ目効果もあり。

物足りないと思うかもしれませんが、これぐらい抜け感があった方が大人っぽくこなれた目元に仕上がります。

【POINT3】アイシャドウは暖色カラーで血色感を

年齢を重ねるとどうしても血流が悪くなり、顔の血色感不足に…。

血色感をチークやリップで演出するのもありですが、塗りすぎるとケバくなってしまうので、アイシャドウで血色感を出すのがおすすめです。

ピンクやオレンジなどの暖色カラーで目元に血色感を与ることで、若見え効果もあります。

使用カラコン/POP LENS アイライターグローイ[ブラウン]



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録