やってるアラフォーさんはすぐやめて!老け見えベースメイクを若見えベースメイクにする方法4選

更新日:2022年8月3日 / 公開日:2022年8月3日

美容ライターの遠藤幸子です。アラフォー世代の皆さんは、ベースメイクをしたほうがすっぴんよりも肌が老けて見えると感じたことがありませんか?もし一度でもそう感じたことがあるなら、ベースメイクの見直し時です。今回は、やめたほうが若々しく見えるベースメイクと、それをアップデートする方法をご紹介します。

【NGベースメイク①】崩れにくさ重視のマット肌

マスクが手放せない生活が続く中、年間を通して取り組むべき課題となったのが、化粧崩れ。崩れを防いで少しでも快適なマスク生活を目指していると、いつのまにかマットな質感のベースメイクに仕上げてしまいがちです。

しかし、アラフォー世代がマットな肌に仕上げると、肌の透明感やツヤが損なわれることによって老けて見えがちです。年齢肌には、透明感と適度なツヤが必要なのです。

アップデートの方法

マットな肌は封印して、素肌感を活かした透明感と自然なツヤのあるベースメイクを心がけましょう。使用する下地やファンデは、化粧崩れしにくいものを選びながらも自然なツヤが出るものを選びましょう。

さらにピンクやパープルなどの下地を使うと、肌のくすみをカバーして透明感を引き出す効果が期待できます。下地とファンデの相性も大事なので、それらを重ねたときに厚塗り感が出ないかといったことも確認しましょう。

【NGベースメイク②】毛穴や小ジワを悪目立ちさせるパール入り下地

ツヤは、アラフォー世代の肌をイキイキと美しく見せる強い味方です。とはいえ、ツヤにもパールによる発光するようなツヤとオイルなどによるみずみずしいツヤとがあります。

パールの存在感が強いものは光の加減でギラギラとして見え、毛穴や小ジワなど肌のアラを悪目立ちさせることがあります。パール入りの下地は全顔に塗ることになるので、注意しましょう。

アップデートの方法

アラフォー世代におすすめの下地は、くすみをカバーする効果のあるピンクやパープルなどでパールは配合されておらず、みずみずしいツヤ感のあるものです。毛穴や小ジワなど肌の凹凸が気になる場合には、部分用下地であらかじめカバーしておくことをおすすめします。

【NGベースメイク③】シミが浮かび上がる濡れツヤハイライト

マスク着用時に顔が暗く見えるのを解消するアイテムとして、再び注目度がアップしたのがハイライトです。パウダーやスティック、クリームなどさまざまな形状のものが販売されていますが、注意したいのが濡れたようなツヤを放つハイライトです。

本来乾いた肌もうるおいを湛えたツヤ肌に見せてくれる優れものですが、実はシミがある部分に使うと、それらが肌から浮かび上がるように悪目立ちしてしまいます。

アップデートの方法

ハイライトを選ぶときには、スティックやクリームなどの練り状のものは基本的に避け、パウダーを選ぶのがベストです。練り状のものを使いたい場合には、サラッとした質感でさりげないツヤを与えるものを選びましょう。

【NGベースメイク④】小顔どころかげっそり!広範囲で濃すぎるシェーディング

小顔効果やリフトアップ効果が期待できるシェーディングですが、どこに入れるか、どのくらいの濃さで入れるかが問題です。広範囲に濃く入れすぎてしまうと、げっそりとして見え、老けて見えがちです。注意しましょう。

アップデートの方法

リフトアップさせたい場合、頬の高い部分の下のあたりにシェーディングで影を作ると効果的です。また、シェーディングをフェイスラインに使うときにはふくらんでいている部分にサッと入れるとその部分が引き締まり、小顔効果が期待できます。

シェーディングは、あくまでも自然な仕上がりにする必要があります。少しずつ加減しながら入れ、しっかりとぼかしましょう。

いかがでしたでしょうか。今回は、アラフォー世代がやめたほうが若々しく見えるベースメイクと、それをアップデートする方法についてご紹介しました。この機会にご自分のベースメイクを見直し、より良く見せるものにアップデートしましょう。



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録