プロが辛口チェックします!やっている人が実は多い「アーチ眉のNGメイク」3選

更新日:2022年8月10日 / 公開日:2022年8月10日

メイク講師・16タイプパーソナルカラーアナリストのAyanaです♡眉毛は第一印象を変える大切なパーツ!今回はアーチ眉でやりがちなNGメイクを3つご紹介いたします!もしかしたら知らないうちにやっているかも!?是非チェックしてみてください。

アーチ眉とは?

丸みのある眉毛のことで、女性らしくナチュラルな雰囲気にしたい時にオススメです。

【アーチ眉が似合いやすい人】

・輪郭に横幅がある人

・目元に丸みがある人

短いアーチ眉は、よりキュートな雰囲気に。長いアーチ眉は、より大人っぽい雰囲気になります。

NG眉1:角度下げ過ぎアーチ眉

アーチ眉以外でもよくあるのですが、「柔らかい」「可愛い」を意識し過ぎて眉尻が下がってしまう失敗例です。

【原因】

①正面から鏡を見て描いている!

②骨のカーブを意識していない!

③ペンシルが安定していない!

【改善策】

①正面だけではなく、横からも鏡を見て描く!

眉尻を描くときは、真正面から鏡を見るより横から見た方が描きやすいです。「横を向いて描く→正面を見てチェック」を繰り返すのがオススメ。

②骨のカーブを意識する!

眉尻を下げ過ぎると違和感が出てしまうことも。

個人差はありますが、目尻の角度を目安にするのがおすすめです。

③ペンシルを安定させて描く!

ペンシルが安定せずに、思い通りにかけない場合は、指を顔につけるか、肘をテーブルにつけるなどして手を安定させましょう。

また、ペンシルが直角に肌に当たっている場合も安定しにくいので、やや斜めに傾けて描くのがオススメです。

NG眉2:老け見えアーチ眉

アーチ眉を意識し過ぎて角度をつけ過ぎてしまう&細くなってしまう失敗例です。

ここ最近はナチュラルな眉毛がトレンドなので、ゆるやかでやや太さのあるアーチ眉を意識しましょう。

【原因】

①角度がつき過ぎている!

②全体的にメリハリがなく細い!

【改善策】

①角度をゆるやかにする!

眉毛に角度をつけ過ぎてしまうと、強い第一印象に!今はあまりトレンドではないため、角度はゆるやかにしましょう。

②眉頭から眉尻に向けてナチュラルに細くしていく!

全体的に細過ぎる眉毛はやや怖い印象に!

眉頭は太く、眉尻は細くなるようにメリハリをつけましょう。

NG眉3:横顔ガタガタアーチ眉

正面から見ると一見綺麗でも、横から見ると眉尻が筋肉に沿っていない失敗例です。

【原因】

①正面からしか鏡を見ていない!

②筋肉を意識していない!

【改善策】

①横から鏡を見て眉山~眉尻をチェック!

人は意外と横顔も見られているものです!正面からだけではなく、横顔も確認しながら眉毛を描きましょう。

②筋肉を意識してカーブをつける!

横から見た時に眉尻が凹んでいる方、実はたくさんいるんです!眉尻が凹んでいると不自然に見えてしまうため、筋肉に沿って描くことを意識しましょう。

どこまで描いたらいいか分からない方は、眉毛を動かして筋肉のカーブを観察してみてください♡



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録