お古メイク卒業♡メイクアドバイザーが教える「2022年の今っぽ眉メイク」のやり方

更新日:2022年8月12日 / 公開日:2022年8月12日

メイクアップアドバイザーの伊早坂美裕です。メイクパーツの中で、顔の印象に与える影響が大きいのが眉メイクです。眉メイクを少し変えるだけで、一気に垢抜けたり、若々しい印象に見せることができるんです!そこで、ポイントをおさえるだけでできる「2022年の今っぽ眉メイク」のやり方をご紹介します。

トレンド感のある眉メイクのポイントは3つ

ポイント①平行眉

眉に角度をつけない平行眉が今っぽ眉の最大の特徴です。美人な印象の中にどこかあどけなさを感じる平行眉は、若見えが叶い大人女子に最適な形といえます。

アウトラインをしっかりさせると凛とした大人度が増し、アウトラインをふんわりぼかすと優しい雰囲気であどけない印象になるので、纏いたい雰囲気やTPOに合わせて使い分けしてみましょう。

ポイント②自眉の毛並みを活かしてふさふさに

自分の眉毛を活かして毛流れを意識した眉がトレンドです。ふさふさ・ふわふわに仕上げるためには、眉毛の長さのカットは最小限にするのが正解です。

ただし眉尻がぼんやりしているとだらしない印象になるので、不必要な箇所はカットかシェービングをして整えましょう。

ポイント③くすみカラーで一気に垢抜ける

カラーアイブロウのトレンドは今期も続いていて、各ブランドから様々なカラーアイブロウアイテムが登場しています。

より今っぽ眉を目指すなら、くすみ感のあるニュアンスカラーをアイブロウに取り入れましょう。アイブロウパウダーやペンシルは手持ちのアイテムを使用してもいいですし、アイブロウマスカラをくすみカラーにするだけでも垢抜けた印象に仕上がりますよ。

今っぽ眉メイクのHOW TO

ステップ①アイブロウペンシルで形を整える

アイブロウペンシルで、眉の形を整えましょう。アウトラインを縁取るように1本線で描いてしまうと、貼り付けたような眉になってしまい滑稽な印象になってしまいます。眉毛を足したい箇所に1本1本毛を描き足すようにしましょう。

平行眉を作る場合は、眉頭の上部と中間から眉尻にかけての下部を描き足します。

より優しい印象に仕上げたい場合は、眉山の角をなだらかに描いてみましょう。

ステップ②アイブロウパウダーで隙間を埋める

アイブロウパウダーで隙間を埋めて、ふんわり感を出しましょう。ブラシにパウダーを取ったら、眉の中間から眉尻に向かってぼかします。

またパウダーをブラシに取ったら、眉尻を少し濃く仕上げるようにパウダーをのせましょう。

最後にブラシに残ったパウダーを眉頭になじませます。眉頭の毛の密度が濃い方は、眉頭にパウダーをのせなくても大丈夫です。

ステップ③アイブロウマスカラで毛流れを整えながらカラーリングする

アイブロウマスカラは、毛流れとは反対に毛を逆立てるように塗った後、毛流れを整えるように塗っていきます。この時、マスカラ液がブラシにたくさんついていると液がぼてっと眉毛についてしまい、毛が重くなるので毛流れをうまく作れません。

マスカラ液は容器の口でしごくか、ティッシュなどで液の量を調節しましょう。眉頭の毛は、立たせるようにブラシを上に向かって動かしましょう。眉頭の毛が立っていることで立体的な眉に仕上がり、今っぽ感が一気にアップしますよ!

いかがでしたか?

眉メイクは奥が深いので、細かなテクニックはたくさんあり、苦手意識をお持ちの方も多いと思いますが、ご紹介したポイントを押さえておけば、今っぽ眉に仕上げることは難しくありません。ぜひチャレンジしてみてくださいね♡



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録