合わせ方で損してるかも…!秋先取りコーデの正解はコレ♡おしゃれさんに学ぶブラウンコーデ

次の季節が気になるとはいえ、残暑が残る今はまだ秋服に手を出しにくい…。そんな時は、ブラウンカラーで秋先取り気分を楽しんで♡コーデを秋色に染めてくれるブラウンですが、着こなしによってはNGということもあるので予習はマスト。今回はmichill編集部がブラウンコーデのNG&OKな着こなしをご紹介します!

のっぺり地味見えを回避!ブラウンニットのNG&OKコーデ

NGコーデ

一気に秋めいたコーディネートが完成するブラウンニット。ゆったりとした5分袖のサマーニットなら、蒸し暑い時期から季節感のあるコーディネートが楽しめます。

ついやりがちなのが、キャメルのパンツと合わせたワントーンテイストの着こなし。上下ともに秋らしい配色ですが、メリハリがなくのっぺりとした印象…。パッとしない着こなしは、地味見えを招いてしまうので要注意です!

OKコーデ

OKコーデでは、ボトムスをブラウンと馴染みがいいエクリュ系のワイドパンツにチェンジ!まとまり感がありつつも、しっかりコントラストが効いた組み合わせがコーデ全体のメリハリをよくしてくれます。

足元にはアニマル柄のパンプスを合わせることで、秋らしさを演出しながらシンプルになりすぎない工夫を!

優し気なピンクのタイトスカートを合わせれば、大人可愛いコーデのできあがり。柔らかい印象のピンクとブラウンは相性がとてもよく、可愛らしいコーディネートが好きな方におすすめの配色です。

こちらのスカートはコーデュロイ素材なので、ほっこりとした秋らしさも演出。落ち着いた配色なので小物で色を足したり、素材感でメリハリをつけたりしてオシャレの完成度を高めていきましょう!

カジュアルすぎは避けて!ブラウンシャツのNG&OKコーデ

NGコーデ

コーデュロイ素材のブラウンシャツは、残暑が残る時期から羽織りアイテムとして重宝します。ただしメンズライクなアイテムなので、着こなしがカジュアルすぎてしまうと野暮ったい雰囲気に。合わせるボトムスや小物で女性らしさを加えて、抜け感をつくってあげて!

OKコーデ

コーデュロイシャツ以外を、ブラウンと馴染みのいい淡色アイテムに変え、ボトムスをデニムからキレイめパンツに変更。これだけでカジュアル感がぐっと和らぎ、ほんのり甘さの漂う大人可愛いコーデができあがりました♡

シャツの袖はくしゅっとロールアップしてあげると、こなれ感が出てオススメです。

落ち感のあるプリーツパンツと合わせても可愛い!付属ベルトでウエストマークがつくれるアイテムだと、シルエットにメリハリがついて上級者見えする着こなしもカンタン♪

配色の濃淡だけでなく、プリーツバッグやメタリックパンプスでさまざまな質感を加えてあげるのもポイントです!

おじさん見えに注意!ブラウンきれいめパンツのNG&OKコーデ

NGコーデ

オン/オフ問わずに使えるキレイめのテーパードパンツは、大人のマストハブアイテム。秋冬用にこっくりとしたブラウンカラーを備えておくと、何かと着回しに重宝します。

絶対に避けるべき着こなしとしては、全身渋いカラーでまとめてしまうこと。濃いブラウンは一歩間違うと「おじさん」っぽさを与えてしまうカラーでもあるので、ブラウン一色よりも他との配色を楽しんで着こなしてみて。

OKコーデ

上下ともにブラウンでも、羽織りにホワイトカラーを持ってくることで一気に女性らしい着こなしが完成。ブラウンだけだと顔色がくすんで老け見えの可能性が出てきますが、白シャツが加わることで顔映りがぐっとよくなります。

また、サンダルも黒から白へチェンジすると残暑コーデにうれしい軽やかな印象がUPしますよ。

まったりと過ごす日にだって、ブラウンテーパードパンツが活躍!

ゆるっとしたボーダートップスに合わせてあげると、下半身がすっきりキレイに見えるのでルーズすぎず大人可愛くまとまります。

今回は、ブラウンコーデのNG&OKな着こなしをまとめてご紹介しました。

単に秋カラーを取り入れるだけで季節を先取り…できるほど甘くはありません!ぜひポイントをおさえて、OKなブラウンコーデを楽しんでいきましょう♡

記事協力:lihomakinatsumi-wear



更新日:2022年9月3日 / 公開日:2022年9月3日

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録