アラサーさんがやっちゃってたら残念過ぎる…!NGまつげメイク3選

更新日:2022年10月1日 / 公開日:2022年10月1日

アイメイクと言うとついアイシャドウやアイラインばかりに目が行きがちですが、アイメイクのクオリティアップを狙うなら「まつ毛メイク」の手は抜けません。付けまつげやマツエクで誤魔化すと余計に老け見えしてしまう大人女子は、美しい自まつ毛で勝負しましょう!

【NGまつ毛1】ひじきまつ毛はコームで解消!

マスカラ下地やカールキープ下地を使っている方にありがちなのが「ダマダマのひじきまつ毛」。

ひじきまつ毛になってしまうとテンションも下がりますよね…。

マスカラが乾く前にコームやスクリューブラシでしっかりととかして、まつ毛のダマを取り除けば簡単に修正することができますよ。

【NGまつ毛2】マスカラを塗るだけ損してる?!毛先しか塗れていないまつ毛

毛先に塗りすぎてしまったり毛先だけに塗っていると、マスカラの重さでまつ毛のカールが下がってきてしまうため、基本マスカラはまつ毛の根元に塗ります。

グッとまつ毛の根元にマスカラのブラシを押し当てて、スッと上に流すように塗るのがポイントです。

【NGまつ毛3】美しいまつ毛は美しい横顔を作る!これは避けたい「直角まつ毛」

少し前までは根元からしっかりカールしたまつ毛が人気でしたが、今はカールなしの「すだれまつ毛」がメイクのトレンド。

かと言って、全くカールさせないのも物足りないので、横から見た時にゆるくカールしている程度に仕上げれば横顔美人の完成です。

ビューラーをする時に、力を入れすぎないことと、3段階くらいに分けてカールさせるのがコツです。

これが大人の正解まつ毛メイク!

1:マスカラを塗ったあとはコームでとかす

2:マスカラは毛先ではなく根元を中心に塗る

3:ほんのりカールの「すだれまつ毛」をお手本に

いかがでしたか?少しのちがいで、メイクの仕上がりが大きく変わります。以上の3つを気をつけて、美しいまつ毛メイクに挑戦してみてくださいね!

使用カラコン/POP LENS ティントアイ[ブラウン]



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録