【一重・奥二重・二重】目の形別♡2022年秋のおすすめコスメ&今っぽアイメイクのやり方

更新日:2022年10月6日 / 公開日:2022年10月6日

コスメコンシェルジュ・パーソナルカラーアナリストのIkueです。秋メイクは新しい色のアイシャドウが出たりして楽しい!と思う人が多いのではないでしょうか?でも目の形でメイクの仕方も変わるしなんだか難しい…そんな方へ、今回は一重・奥二重・二重の目の形別秋っぽメイク&オススメコスメをご紹介します。

一重メイクは目尻がポイント

一重メイクさんは縦より横の印象を強めるのがおすすめです。目を大きくしようとどうしても縦にアイシャドウを塗りたくなりますが、一重さんは目を開けた時にアイシャドウやアイラインが隠れてしまいます。

アイシャドウはあまり縦に入れず、目尻に向かってスッと入れるようにしましょう!

下まぶたにもしっかりアイシャドウの色を入れてもOK。目元がキリッと見えますよ。

上まぶたと下まぶたが重なる部分は開けておくのがベスト。くっつけてしまうとどうしてもキツすぎる印象に見えてしまいがちなので気をつけましょう。

おすすめコスメはこちら

キャンメイク シルキースフレアイズ 03 税込825円

立体感の出る組み合わせの色と、大きすぎないラメが一重さんに使いやすくピッタリ!

秋メイクにおすすめの赤みブラウンとゴールドの組み合わせはグッと季節感のある目元にしてくれます。

奥二重メイクは斜め上を意識しよう

奥二重さんも一重さんのように、目を開けるとアイシャドウが消えてしまう…という悩みを持っている人が多いはず。目を閉じた時はいいけど開けたらあ「あれ…?」なんてことも。

奥二重さんは濃すぎる色を使わず、優しい色味のアイシャドウを使うのがお似合いです!

おすすめコスメはこちら

セザンヌ トーンアップアイシャドウ 11 トープブラウン 税込638円

セザンヌの秋の新色です。ふんわりとトーンアップが叶うアイシャドウ。

パキッとした鮮やかな色だと目元を印象づけるどころか、キツい印象に見えがちに。優しいピンク×ブラウンの色なら、ふんわりとしたグラデーションで腫れぼったさのない目元に仕上がります。

奥二重さんも目を開けるとメイクが隠れてしまうという悩みを持つ人が多いです。アイシャドウは締め色を入れる時に目尻側を斜め上に入れてあげると目を開けてもしっかり見えますよ!

アイラインを描く時も横に流すようにスッと引いていきましょう。跳ね上げやタレ目風に描いていくと、違和感のあるアイラインに仕上がってしまうので注意しましょう。

二重メイクは縦を意識!

二重さんは目を開けた時に目のキワまでしっかり見えるので、太めのアイラインを引くのはNGです。

アイラインを引く時は、まつ毛を埋めるように描いていきナチュラルに仕上げるのがコツです。

アイシャドウは縦グラデーションに作っていくと二重を活かした目力のあるアイメイクに仕上がりますよ。

おすすめコスメはこちら

画像右:シャネル レ キャトル オンブル ツイード 02 税込11,880円
画像左:ヒロインメイク ロング&カールマスカラ アドバンストフィルム モーヴピンク 税込1,320円

秋といえば落ち着いた色を使いたい方が多いと思いますが、こちらのシャネルのアイシャドウは大人っぽい質感とカラーで秋メイクにピッタリ!

目元印象が特に強い二重さんにはカラーマスカラで抜け感を出すのもお似合いです!派手すぎない絶妙ニュアンスカラーのヒロインメイク モーヴピンクは、上品さ+トレンド感が出るのでぜひ一緒に使ってほしいです。

数年前バズったモーヴピンクですが実は今年再販しています。ぜひ取り入れて一気に秋メイクに早変わりしてみましょう!

今回は目の形別メイクとオススメコスメをご紹介しました。秋はとても短い期間ですがオシャレは満喫したいですよね!

ぜひオススメのコスメとメイクで今年の秋も楽しみましょう。



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録