ここさえ盛ればナチュラル&今っぽデカ目♡プロが教える「目尻の三角ゾーン」で激盛れメイク3選

更新日:2022年10月10日 / 公開日:2022年10月10日

こんにちは!メイクアップアーティストの園佳子(そのよしこ)です。今回は目尻の三角ゾーンのメイクにフォーカスした、ナチュラル&今っぽデカ目にするコツをご紹介します!!

①不器用さん向け!とにかく簡単な三角ゾーンメイク

三角ゾーンはグラデーションの作り方が重要なのですが、不器用な方はグラデーションが上手く作れなくて殴られた?みたいになりがちです。そんな方にオススメなのが、パール系シャドウで強制的にグラデーションにしてしまう技です。

まずはベースになるカラーをアイホール全体に塗ります。

次に目尻の三角ゾーンにシェードカラーをぬります。この時にアイホールからはみ出さないように注意します。

最後はパール系シャドウを、黒目の上あたりのベースカラーとシェードカラーの間にのせて境目をボカします。

そうすることで目尻側は引き締めながらも、境目はツヤ感も加わってカンタンにグラデーションにすることができます。

もしアイホールの境目もシェードカラーが濃くのりすぎた場合も、パール系シャドウでボカしましょう。

②目の縦幅を広げて見せる三角ゾーンメイク

目の下の目尻側の三角ゾーンも目の縦幅を広げて見せることができ、デカ目効果があります。

目の形によってアイシャドウののせ方を変えます。

つり目さんは影を下側につける

まずシェードカラーを目尻側の下から濃くなるようにのせます。淡めのアイシャドウを目頭側からのせて境目をボカしながらグラデーションにします。

タレ目さんは内側から影をつける

タレ目さんが目の下の三角ゾーンにメイクをする時はのせ方によって余計にタレ目に見えてしまうので特に注意が必要です。

ポイントは目のキワからシェードカラーをのせて、淡めのアイシャドウでエッジをボカします。

内側が濃くなるようにグラデーションをつけてメイクすることで目尻が引き締まってデカ目効果があります。

③メイク上級者さん向け!カラー×三角ゾーンメイク

肌に馴染みやすいブラウンやベージュのカラーだけでなく、カラーで三角ゾーンのメイクをするとより垢抜け顔に見えます。

ポイントは腫れぼったく見えないように、しっかりグラデーションを作ること。

まずベースカラーは、ベージュ系や淡めのブラウンをアイホール全体にのせてから、カラーのシャドウを目尻の三角ゾーンにふんわりグラデーションにしてのせます。

カラーをベースカラーとミックスして使うことで馴染みが良くなります。

カラーを際立たせたい方はアイホール全体にベースカラーを塗らずに、縦割りにカラーをミックスせずにのせると、よりカラーの発色が良くなります。

いかがでしたか?目尻の三角ゾーンのメイクのポイントをおさえて、ナチュラルなのに今っぽデカ目を目指しましょう!



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録