ワンボウルで混ぜて焼くだけ!お豆腐と米粉で低糖質♡サクモチ濃厚チョコレートスコーン

更新日:2022年10月30日 / 公開日:2022年10月30日

米粉マイスターいづみです。回りはカリッ、サクッ、中はモチモチ。そんなスコーンを作ってみませんか?濃厚なチョコレート味で、お豆腐を使っている低糖質なレシピをご紹介します。スタバでスコーンを我慢している方も、本格的なスコーン作りにハードルを感じている方も、ワンボールでチャレンジしましょう♪

ワンボウルで混ぜて焼くだけ!お豆腐と米粉で低糖質なサクモチ濃厚チョコレートスコーンのレシピ

材料(6個分)

木綿豆腐 150g
米粉 70g
コーンスターチ 20g
無糖ココアパウダー 15g(手に入れば2gくらいブラックココアに変更)
ベーキングパウダー 5g
きび砂糖 30g
チョコチップ 25g
米油 20g

作り方

① 木綿豆腐を取り出し、両手でギュ~っと挟みながら水気を絞る。

※重しをして水切りをする必要はありません。

② ホイッパーで木綿豆腐を細かくつぶす。きび砂糖を加え混ぜる。

③ 米油を加え混ぜる。

④ ゴムベラに持ち替えて、ココアパウダー・米粉・コーンスターチを加え全体を混ぜ、チョコチップを加えさらに混ぜる。

※ゴムベラを使って、生地をボールに押し付けるようにしながらまとめてください。

⑤ 最後にベーキングパウダーを混ぜ、丸く整える。

⑥ ラップで包み、冷蔵庫で1時間〜寝かせる。

⑦ オーブンを180℃に予熱する。

⑧ 天板にオーブンシートを置き、6つにカットしたスコーンを180℃で22分焼く。

※つまようじで刺して、柔らかく生っぽい生地がくっついてくるようなら、追加で2分~焼いてください。

材料について

木綿豆腐

スコーンを作る時はいつも木綿豆腐を使っています。絹ごし豆腐だと水分が多すぎて、生地がまとまりにくいからです。1パック150g入りのお豆腐を選ぶと、使い切れて便利です。水切りはしっかりしなくてOKです。最初にギューッと絞ってください。あとの水分は生地をまとめる役割をしてくれます。

米粉

今回は波里さんの米粉を使いました。比較的手に入りやすく、お手頃価格の米粉です。天ぷらやお好み焼き、シチューなどのお料理にも使えます。米粉に初めてチャレンジする方も手に取りやすいですよ♪

チョコレート

糖質が気になる方は、ハイカカオチョコレートで作ってみてください。70%くらいが食べやすいと思います。もちろんミルクチョコレートでも。焼き菓子用のチョコチップは100均でも手に入ると思いますので、チェックしてみてくださいね。

ブラックココア

カカオマスからアルカリ処理をして作られるのがココアパウダーです。この過程で、処理する時間や温度を調整して作られるのがブラックココアです。少量加えるだけで濃い色になります。ただ、苦みが強いため2〜3gを置き変えるくらいでOKです。

賞味期限と保存方法

生地ができあがったら、冷蔵庫で冷やします。この状態で2日ほどは保存できます。お豆腐を使っているため水分が多いです。傷む可能性があるので、早めに焼きましょう。

前日に生地を作っておいて、朝焼くのもおすすめです。焼きたてのスコーンで、幸せな朝食タイムが過ごせます。

焼き上がったスコーンは、あら熱が取れた頃が一番おいしいです。時間が経ったら、レンジで温めたりオーブンで軽く焼いたりしてください。このとき、霧吹きで水分を与えるといいですよ。焼きたてと同じくらい、ふんわり美味しくなります。

冷凍保存もできます。あら熱が取れたら、1個ずつラップに包み冷凍庫に入れます。しっかり凍ったら、ジッパーつきの保存袋に入れて保存しましょう。2週間以内に食べきるのがおすすめです。冷凍状態のまま、600Wのレンジで30秒〜加熱すれば、美味しくいただけます。レンチンした後、軽くトーストすると回りがカリッとして、さらに美味しいです。おうちのレンジのワット数に合わせて、様子を見ながら加熱してくださいね!

今回は、ヘルシーで濃厚なチョコレートスコーンをご紹介しました。生地を混ぜて焼くだけでOKです。朝食やおやつにぜひおためしくださいね。

「#スコーン」の記事をもっと見る



この記事の著者

ログイン・無料会員登録