やってたらオバ見え確定です!アラサーがやりがちな「イタ見えアイメイク」3選

更新日:2022年10月14日 / 公開日:2022年10月14日

コスメコンシェルジュ・パーソナルカラーアナリストのIkueです。フッとした時や鏡を見た時に「あれ?自分のメイクがちょっとおばさんっぽいかも…」なんて感じたことはないですか?もしかしたらこんなメイクしていませんか?今回はアラサーがやりがちなイタイアイメイクについてご紹介します。

バサバサまつげが命!?年齢に合っていないまつげはNG

まつげは長ければ長いよほど良い!量があればあるほど良い!そんなふうに思っていませんか?実はまつげの量も長さも年齢に合わせてあげるのが大事なんです。

若い頃はバサバサのまつげをしている方が目も大きく見えたし、流行りでもあったのでよくやっていたという人が多いのではないでしょうか?ですがアラサーを超えるとやり過ぎまつげはイタ見えアイメイク認定です。

・やりすぎたつけまつげ

・長すぎるまつエク

・重ねすぎたマスカラ

今はナチュラルな目元が定番なので、まつげも自然に見えるものがオススメです。

まつ毛を自然に長く見せるなら長さの出るマスカラや下地を使ったり、毎日のケアでまつ毛美容液を使って健康的にしてあげるのがベストです。マスカラを重ね過ぎたまつげはカールも下がりやすくなるので避けましょう!

伸ばしすぎたアイライン、それもう古いです!

アイメイクの中でも痛々しさが出やすいのがアイラインです。もしかしてアイライン長すぎていませんか?

アイラインは長めに引くと切れ長に見えたり、クールな印象に見せたりできます。ですが、あまり長すぎると横から見た時に違和感が出たり若見えするために無理をしているな、という印象にも見えてしまいます。

アイラインを目尻側に書くときはぼかして描く、色をブラウンなど肌馴染みの良いものに変えるのが痛々しく見えないポイント。もしリキッドでしっかりアイラインを描きたい場合は、筆より長くならないようにしましょう。

アラサーを過ぎたら抜け感がないとイタ見え

アラサーを過ぎたらアイメイクはやり過ぎないのが大事!まつげ・アイラインとご紹介しましたが、アイシャドウも同じで濃すぎるものや色が派手なものは避けた方が良いです。

10代・20代の頃は肌のハリつやがあったり、メイク以外でも若々しさがありました。しかしアラサーになると自然と年齢を感じる目元の小ジワなども目立ちやすくなってきます。アイメイクをがっつり濃くしていると実は年齢サインまで目立ちやすくしてしまうんです。

・アイシャドウは肌馴染みの良い色を使う

・派手はグラデーションは避ける

・大きすぎるラメや乗せ過ぎたギラギラメイクは避ける

年齢を重ねると落ち着いたメイクがとても似合いやすくなるので「あ、ちょっとこれはやり過ぎかも…」と思うものがあれば、控えめにしてみましょう!それだけでもグッと自分に合ったメイクになっていくはずです。

今回はアラサーの痛々しいアイメイク3選をご紹介いたしました。この中でやっているメイクがあったら明日からはメイク方法を変えてみましょう!

きっと自分に合った素敵なアイメイクができるようになりますよ。



この記事の著者

ログイン・無料会員登録