男性に聞いた!“連絡嫌い”な彼の心を掴む♡LINE5つのルール

気になる男性とのLINE。何かと理由を見つけてメッセージを送りたくなっちゃいますよね♡でも、LINEの使い方次第では関係を深めるどころか、かえって心の距離を生んでしまうことも…。そこで今回は連絡嫌いな男性の心を掴むLINEのルールを紹介します!男性から好印象のLINEをマスターしたい方必見です♪

次会った時で済む内容は送らない

『会った時に話せばいいのに、LINEだと疲れる。』(20代/会社員)

基本的にLINEは連絡手段と考える男性が少なくありません。とにかく気になる男性とLINEをしたくて、あれこれ話題を探すのは逆効果なんですね…。

せっかく話したいことがあるのなら、LINEで送ってしまうのはもったいない!次会う時の楽しみにとっておきましょう♡

LINEで会話しようとしない

『疑問形多すぎ!いつまで続くんだ…。』(20代/学生)

「終わらないLINEにウンザリ…」という男性の声も多め。一方的に質問を送っていると気づいたら、早めにLINEを切り上げたほうが良さそうです。

無理にトークを盛り上げようと空回りしていることも。LINEは「あくまで連絡手段」を忘れずに!

スタンプ連打など不毛なLINEはしない

『かまちょに付き合うほど暇じゃない!』(10代/学生)

気持ちを可愛らしく表現できるスタンプ。ネタ系から癒し系まで様々な有料スタンプがありますよね。

でも、文章無しでスタンプだけ送ったり、連打したりするのは悪印象…。あくまでトークを円滑に進める補助的なアイテムとして使いましょう。

1日中LINEでやりとりしない

『何様…?監視されているようで怖い。』(30代/フリーランス)

「おはよう」から始まり「おやすみ」まで…。彼女でもない女性から1日中LINEがくると「重たい」と感じる男性は圧倒的。LINEは連絡手段と考える男性が多いので、マメにコンタクトをとる必要はないんですね。

自分の気分やタイミングでLINEを送る女性は要注意!彼が生活を邪魔されているように感じていないか気をつけてみてください。

ひとこと“ねぎらい”の言葉を入れる

『気遣いを感じると、良いなって思います。』(20代/会社員)

「お疲れ様」「無理しないでね」「ファイト♪」など、LINEを送る際は相手を気遣う言葉があると好印象に♡女性に癒しを求める男性は多いので、彼が喜びそうな言葉を添えるのもオススメです。

どんな言葉をかけたら男性が喜ぶのか、実際に顔を思い浮かべながら考えてみると良いかもしれません♪

今回は『連絡嫌いな男性の心を掴むLINEのルール』を紹介しました。

口を酸っぱくして何度も言いますが、LINEはあくまで連絡手段!色んなモテテクや駆け引きを使うよりも、シンプルな内容が一番好印象なんです。

ぜひ気になる男性にLINEを送る時の参考にしてみてくださいね♡

「#モテテク」の記事をもっと見る


更新日:2018年8月24日 / 公開日:2018年8月24日

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録