アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

日焼けしちゃった人必見…シミになる前に出来る日焼けケア!

この夏、うっかり日焼けをしてしまった!という方も中にはいるのではないでしょうか。日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶったりと、念入りに日焼け予防していても、100%紫外線をカットするのは難しいもの。そこで、今回は日焼けをしてしまった時に役立つ、日焼け後におすすめのケア方法をご紹介します!

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

おすすめ日焼けケア方法①クールダウンさせる

日焼けは肌に熱がこもり、火傷してしまっている状態。
痛みや炎症など目立った症状がなくとも、まずは早めに冷やすことが大切です!

日焼けで赤くなったところを中心にほてりが治まるまで冷やし、肌の炎症をおさえ、鎮静化させるようにしましょう。
日焼けの範囲が広い場合には冷やしすぎると寒くなって逆効果になることもあるので、注意してください。

ただし、直接氷を当てるのはNG!肌に刺激を与えてしまう可能性があります。
氷水をビニール袋にいれたり、ジェルなどの保冷剤を使ってタオルなどを巻いて冷やすのがベストです♪

なるべく早い段階で冷やすことも重要なので、外出先で氷や保冷剤を用意できない場合は、濡らしたタオルで冷やすのもオススメですよ!

おすすめ日焼けケア方法②炎症させないために熱いお風呂に入らない

肌の炎症を悪化させないために、熱いお風呂に入るのはNGです!肌への刺激になりそうなことは極力避けるようにしましょう。
なるべくぬるめの温度にして、長くはつからないのがベター。シャワーも温度の設定を低くして、直接当てすぎないように。水圧が肌の刺激になってしまうこともあります。

体を洗うときには、しっかりと泡立ててこすらないように優しく洗うようにしてくださいね。

おすすめ日焼けケア方法③保湿する

日焼けした肌は水分が失われた状態にあります。肌の炎症が強いときには刺激の強いスキンケア用品を避けた方が良いですが、症状がある程度落ち着いたら、乾燥を防ぐために丁寧に保湿を行いましょう!

化粧水を塗った後に乳液を塗ると、保湿効果がアップします◎

このとき、あまりこすりすぎたり、コットンなどでパッティングしてしまったりすると肌に強い負荷がかかってしまう可能性があるので注意が必要です。なるべく肌への刺激を避けるために、いつも使っている化粧水を使ったり、ローションなどなるべく緩やかで伸びが良いものを選ぶようにしてくださいね♪

ちなみに、日焼けをしてしまった初期の段階には、昔からあるカーマインローションやモモの葉ローション、アロマジェルのような、ほてりを抑えるアイテムを使うのもオススメです!

おすすめ日焼けケア方法④ひたすら美白効果のあるものを塗る

肌の炎症が落ち着いたら、保湿だけでなく、美白効果のある化粧品をつけるのも効果的!
美白化粧品には、ビタミンCやハイドロキノンなど、メラニンの生成を抑えてくれ、色を薄くしてくれる効果を持つものが含まれています。

肌に塗りこみ、しっかりと浸透させていくことが、何よりも美白の近道に♪
美白化粧品を買うときには、中に含まれている成分をチェックすることも大切ですよ!

おすすめ日焼けケア方法⑤ビタミンCのサプリを飲む

美白成分としても知られるビタミンCの摂取は必須!④でもご紹介した通り、美白化粧品とうたわれている化粧品の成分にもよく含まれています。

ビタミンCは、シミの原因となるメラニンの生成をおさえたり、一度できしまったメラニンやメラニンの原因となる物質ができるのを抑えてくれる効果があります。

こまめに美白化粧品を塗るよりもサプリの方がお手軽♡美白化粧品とサプリを上手く使いながら、内側からも外側からもビタミンCをとるよう意識するとより効果的です◎

おすすめ日焼けケア方法⑥最終手段は…レーザーでシミをとる!

どんなに日焼け対策をしていても、どうしても日焼けしてしまう…ということはあります。日焼け止めの刺激が強く、逆に肌トラブルの原因となってしまうことも…。

そんなときには諦めも肝心…!長袖をきて防いだり、最終的にはシミをレーザーでとってしまうという方法もあります。

病院によっても違いますが、施術時間も比較的短く、安価でできるところもあるので、うっかりシミができてしまった…という時には検討してみるのもいいかもしれません♪

ただ、シミの種類によってはレーザーで悪化してしまうものもあります(肝斑など)。レーザーでシミをとる場合には、医師にまず相談し、しっかりと肌のカウンセリングを受けるようにしてくださいね!

注意すべき日焼けって?

「日焼けなんて大したことがない」と思っている方も多いと思いますが、日焼けの中にも注意すべきものもあります。

ボコッと膨らんだような水泡(水ぶくれ)ができてしまった場合は、早めの受診が必要です。

日焼けは大きく分けて3段階に分類することができ、水泡ができてしまった日焼けはその中のⅡ度の火傷と同じ状態に。Ⅱ度は真皮まで火傷してしまっている状態なので、水泡が破れてもっとひどくなってしまう前に受診するようにしてくださいね。

また、必要以上の日焼けは免疫力の低下を引き起こす可能性もあります。ひどく日焼けをしてしまった時には、栄養を十分に摂り、安静に過ごすことも大切なことです。お酒も免疫力を低下させてしまうので控えるように。肌の状態だけでなく、風邪を引きやすくなったりと、体の不調につながることもあります。

さらに湿布薬や飲み薬、アロマオイルなどが原因となって部分的に変な日焼けができてしまう場合もあります。一部の皮膚や爪だけボロボロになってしまう…という時には使っているものを見直してみるようにしてください。

いずれにしても、少しでも肌に異変を感じたときにはすぐに専門家に相談するようにしましょう!

今回は、うっかり日焼けの時に役立つ、日焼け後におすすめのケア方法をご紹介しました。

基本的には、肌の刺激を避け、冷やしたり保湿を行うことが大切です。夏以外も紫外線による影響は受けるもの。シミのない色白肌を目指しましょう♡

「#紫外線」の記事をもっと見る


執筆者:michill ビューティー



6

michillライターさんの励みになります

この記事に関連するキーワード

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録