読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

しめ鯖のアレンジレシピ/たくあんを使って楽しい食感!

今回は、さっぱりとしたしめ鯖のアレンジレシピをご紹介。しめ鯖と相性のいいたくあんを使った、歯触りの楽しいアレンジを加えたレシピです。しめ鯖さえあれば、あっという間にできる時短レシピです。お酢のクエン酸は疲労回復に効果アリなので、疲れて帰った旦那さんの晩酌にもおすすめです。

このコラムにありがとう

目次

お酢のクエン酸で疲労回復

しめ鯖というと、お寿司屋さんや居酒屋さんで頂くことが多く、家で食べるイメージはあまりないという人もいるかもしれません。
しかし、しめ鯖は、血液をさらさらにする効果のあるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)といった不飽和脂肪酸と、疲労回復効果があるお酢のクエン酸を一緒に摂取できる、大人にとってうれしい食材なのです。

今回紹介するのは、残業の後、疲れて帰ってもささっと作れてお酒にも合う味付けの時短レシピ。毎日遅くまで頑張る旦那さんの晩酌に出してあげれば、きっと喜んでもらえること間違いなしです。

【レシピ】しめ鯖のたくあんあえ

【材料】(2人分)

しめ鯖 1尾
たくあん 1/2本
醤油 小さじ1
白ごま 適量

【カロリー】

207キロカロリー/1人分

【作り方】

① たくあんを食べやすい厚さで輪切りにし、さらに細切りにする。
② しめさばを一口大に切る。この時に、たくあんと大きさをそろえると食べやすい。
③ しめ鯖とたくあんを器に入れ、醤油であえる。
④ 白ごまを適量ふりかけて完成。

暑い夏だからこそ!火を使わないお手軽レシピ

このレシピのメリットは、なんと言っても火を使わずに作れるところ。これからの季節、気温が高くなるほど料理が億劫になりますよね。
切ってあえるだけのレシピなら、キッチンに立つ時間も短縮でき、暑い思いをしなくても美味しい料理が作れます。

マサバは秋が旬ですが、ゴマサバは1年を通じて獲れる魚です。手ごろな値段で美味しくいただける食材は、家計の味方でもあります。

また、ごまやたくあんには食物繊維がたっぷりなので、腸内環境の改善にもなります。 魚を使ったヘルシーなレシピなので、健康に気遣ってほしい旦那さんの晩酌にもぴったりですね。
たくあんのこりこりとした歯ざわりも、満足度を高めてくれます。

時短、火を使わない、ヘルシーと三拍子そろったしめ鯖のたくあんあえは、夏にぴったりのお手軽おつまみレシピです。


執筆者:家事部

更新日:2017年4月1日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

この記事に関連するキーワード

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録