Self Care Makeup Vol.06

“プラス1分”のワンポイント・セルフメイクを紹介!

たったひと塗り! 眉色を変えて、都会派美人に♪

ハイシーズンの疲れや強い紫外線、残暑の厳しさで、見た目にもお疲れモードが現れがち。その上、毎日のお仕事で夕方には肌のくすみや体のだるさも…。鏡を見るたび、がっかりしてしまうなんてことも起こりがちな初秋。内側から現れるダメージと外見に現れる外側のダメージで、何とかしたいけど、内と外のバランスがとりづらくなって、どうしていいかわからない…と思う方も多いはず。

誰もが憧れる華やかな印象、そしてクールビューティーなかっこいい雰囲気も少し甘めな可愛らしい雰囲気も演出やイメージには、トータルバランスと見た目がとても大切です。実際パッとお顔を見たとき、そして、人と会話を重ねるとき、皆さんはどこに目がいきますか?目元、肌、口元…、目にはいるところは、気にしていなくても絶対に少なからず気になってしまうのが、人間の心理的なものです。

「凛とした美しい女性」、「可愛らしい優しそうな女性」、そんな見た目の印象には、実は“眉”がとっても大切なポイントなんです。お顔にある曲線やパーツのなかでも、毛が生えた色の違う部分の為、元々目立つ部分でもあるんですね。

実際に、全体の印象でバランスがとれている方は髪のカラーリングと同じように染めていたり、色のトーンを少し変えている方も多く、アイブロウで、肌色のトーンだって上げられちゃうんです。染めたりするのはちょっと…。という方も、『アイブロウマスカラ』を使えばイメチェンも簡単! いつものメイクに一手間だけでできてしまうため、面倒も難しさもなし。見た目の印象を簡単にチェンジできる、『アイブロウマスカラ』を自由自在に操って、シーンに合わせたイメージづくりも思いのまま。ワンポイントテクニックでワンランク上の都会派美人に♪

Plus 1 minute

アイブロウマスカラ選びのポイントは、ズバリ 髪の毛よりワントーン明るい色。

肌のくすみが気になる人は、レッド系のブラウン、透明感や肌の決めを目立たせたい人は、ベージュやイエロー系のブラウンをチョイス!
カジュアルな雰囲気、親しみやすい印象にはカーキ系ブラウンもおすすめです!

make Point

毛流れに逆らって眉尻の方から少しずつつけていきます。
最後に、毛流れに沿ってブラシを滑らせて整えるだけ。

いつものアイブロウの上からでも、毛量の多い方なら、アイブロウマスカラだけでもきれいに仕上がります。

ポイントは、眉毛と同じような色は選ばないこと。
思いきって明るめの色の方が馴染みやすいんです。

One point makeup

normal

Plus 1 minute

Self Care Therapist

加藤ゆき Yuki Kato

アレルギーなどによる辛い経験を持ち、「お肌の悩みを持つ全ての人を美しく元気にしたい」という思いから、美容家の道へ。現在リピート率100%の異名を持つ、現役モデル兼セラピスト。「カラダにいいものは、肌にもいい!」をモットーにアロマなどのプロデュースも手がける。

Ameba 公式ブログ http://ameblo.jp/y-natural-room88
ゆきさんのサロン 「colorful drop」へのお問い合わせは、colorful.drop0214@gmail.com https://m.facebook.com/colorful.drop0214/

「#メイク」の記事をもっと見る


更新日:2018年9月10日 / 公開日:2018年9月10日

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録