アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

一重の目を大きく見せたい・小顔になりたい・鼻を高く見せたい!も全部叶う♡整形級メイクテク

一重まぶた、顔が大きい、鼻が低いなど、誰もが何かしらのコンプレックスを抱えているのではないでしょうか。コンプレックスを抱えていると、自分に自信が持てなかったりしてマイナス思考に陥ってしまうこともあるので注意したいところ。そこで、今回はこの3大コンプレックスを解消するメイクの方法をご紹介します。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

一重まぶた

アイシャドウ

一重まぶたをメイクでカバーするには、濃淡2色のアイシャドウを使うのがオススメです。淡い色のアイシャドウ1色で仕上げると、まぶたが腫れぼったく見えてしまうので注意しましょう。
単色で仕上げたい時には少し深みのある色で、なおかつ自然なグラデーションが作れるものを選ぶのがポイントになります。

また、アイシャドウを塗る際はパウダーの場合はブラシを使用し、クリームやリキッドの場合は指付けして、自然なグラデーションを作ることを心がけましょう。
そうすることで陰影ができて目が大きく、印象的に見えます。下まぶたには、淡い色のアイシャドウを使って抜け感を出しましょう。

アイライン

アイラインは引き締め効果のあるダークカラーでまつげの隙間を埋めるように細めに描きましょう。

カラーライナーを使いたい時には、上記のようにダークカラーを使ってから目尻だけに入れるのが◎。アイライナーは少しだけ目尻側にはみ出して自然に跳ね上げるのがオススメです。

マスカラ

マスカラは、ボリュームよりロング効果やセパレート効果の高いものを使って強調しすぎないのがベストです。

アイブロウ

眉をあまり太くしてしまうと、目よりも眉が目立って視線がそちらにいってしまうことに。そのため、眉は少し細めに仕上げるのがオススメです。
骨格などにもよりますが、長さは短めにし、少しカーブをつけて描くと柔和な印象に見せることができます。

顔が大きい

ファンデ

顔を少しでも小さく見せるためにはファンデ選びも重要になってきます。

まずは色。顔の色に合わせて選ぶと白浮きしてしまって顔が膨張して見えてしまうので要注意!ファンデは、首の色に合わせて選びましょう。

また、自然な印象に仕上げる必要があります。ファンデは薄めに塗って、境目は必ずぼかしましょう。

ハイライト&ノーズシャドウ

顔に立体感をつけると、顔全体の印象が引き締まって見えます。そのためハイライトを使うのがオススメです。
ハイライトはCゾーン、鼻筋、上唇の上、あごのくぼみに塗りましょう。

パウダータイプのハイライトを使う時にはメイクの最後に使っても構いませんが、練り状のものを使う時にはファンデの後フェイスパウダーの前に使うのがベストです。

また、ノーズシャドウを入れる場合には、先にノーズシャドウを塗ってからハイライトを塗りましょう。
ノーズシャドウを入れる位置ですが、眉頭から鼻筋の両サイドを小鼻に向かって入れます。小鼻の手前くらいまで入れてもかもいませんが、ブラシでスッと消えるように下に向かって徐々に薄く引きましょう。

なお、ノーズシャドウもハイライトも自然な仕上がりになるものを選ぶのが重要です。

シェーディング

顔を小さく見せるには、顔の面積が少なく見えるようなメイクをする必要があります。
そのために欠かせないのが、シェーディング。影を作ることができるので、顔に立体感を作ることもできて一石二鳥です。

しかし、シェーディングを入れているのが周囲にわかるような入れ方はNG!あくまでも自然な印象に仕上げることが何よりも大切です。

そのためには濃すぎる色のシェーディングを使わないのがベスト。パウダータイプのものならファンデより2段階程度暗い色を使い、練り状のものならのばした時に肌にスッと溶け込むようなものを選びましょう。

また、肌の質感に合わせてシェーディングの質感を選ぶこともお忘れなく。

アイブロウ

顔を小さく見せるには、顔の面積が少なく見えるようなメイクをする必要があるので、アイブロウも少し太め、少し長めに描くのがオススメです。
また、ぼかしたり、明るめのアイブロウマスカラを重ねて抜け感を出すとより自然な印象に見えます。

鼻が低い

ノーズシャドウ

鼻が低い人は陰と光を味方にしたメイクをすることでお悩みをカバーできる見込みがあります。とはいえ、あくまでも自然に仕上げるのが鉄則。
ノーズシャドウは、肌よりワントーンくらい程度の色で肌なじみのいいものを選びましょう。

ノーズシャドウを入れる位置ですが、眉頭から鼻筋の両サイドを小鼻に向かって入れます。小鼻の手前くらいまで入れてもかもいませんが、ブラシでスッと消えるように下に向かって徐々に薄く引きましょう。

ハイライト

鼻筋にハイライトを入れると、鼻が高く見えます。しかし、ハイライトもあくまでも自然に入れるのがポイントになります。
商品を選ぶ際は、白浮きすることなく、自然にツヤ感と立体感をプラスできるものを選びましょう。また、ハイライトはブラシで細めにスッと入れるのがオススメです。

全体のメイク

鼻が低い場合には、全体のメイクでは可愛らしい雰囲気に仕上げるのが◎。また、目元を強調して視線が上にいくよう心がけましょう。

今回は、コンプレックスとしてあげられることが多い3つのお悩みをカバーするメイク法をご紹介しました。お悩みの方は、ぜひお試しください。

「#メイク術」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■お手軽メイクでこんなに変わる!小顔を叶える♡メイク術
■そのメイク、顔を大きく見せてます!プロが教えるNGメイク7つ
■美人になれるテク満載♡CAメイクに学ぶ!メリハリ顔の作り方
■ALL 1500円以下!まつ毛コンプレックスを克服できるマスカラ3選
■美人度UP♡プチプラコスメで薄く小さい唇をぷっくりリップに!


執筆者:遠藤幸子



88

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録