セルフエステを自宅や職場で簡単に★スキマ時間で綺麗になれる

パソコンを見過ぎてドライアイになったり、睡眠不足で顔がむくんだりしてませんか?そんな働く女性の悩みである“むくみ”や“たるみ”をたった3分で解消するセルフエステをご紹介します。たった3分でできちゃうから、旦那さんが帰ってくる前に実践して、美しいお顔でお迎えしましょう!



michill読者のみなさま、こんにちは。美容家・(社)国際セルフエステアカデミー代表理事 出口アヤです。

いくつになっても美しくありたいと願うのは、女性であれば皆が抱く感情なのでしょう。

しかし、日々の忙しさなどから、美容については、ついつい手を抜きがち・・・。

自分自身に手間をかけてあげることをしなくなれば、老化は進む一方です。

とは言え、エステにいく時間もお金も、月に何度も通うとなると「余裕が無い」という方が、ほとんどです。

そのような方におすすめの美容法が、わたしの提唱している「セルフエステ」です。

気になる部分は3分間でOKなので、ちょっとした時間でキレイになれちゃう、忙しい人にも、ピッタリの技術なのです。

顔全体のむくみ解消「承泣(しょうきゅう)」のセルフエステ

朝起きたら、顔がパンパン。「今日は大事なプレゼンがあるのに・・。」と、焦った経験がある人も、少なくないはず。

前日に暴飲暴食をしたり、ついつい夜中まで起きていて睡眠不足など、生活習慣が乱れると、老廃物が体外に排出される事がスムーズでなくなります。老廃物が体内に停滞する事で,お顔だけでなく体全体がむくんでしまうのです。

そんな時は、なんとか短時間でお顔のむくみを解消したいと思いますよね。

これには「承泣(しょうきゅう)」のツボ押しが、効果的です!

顔がポカポカしてむくみがとれるだけでなく、くすみが解消されて肌ツヤもUPします。



(方法)

承泣 に、親指の腹をあて、上方向に指圧をします。(5回程度)

※承泣:真っすぐ前を見たときに瞳孔の真下で、眼窩下縁(がんかかえん)の中央

疲れ目・ドライアイ・目のむくみ解消セルフエステ

一日中パソコンとにらめっこで、眼精疲労に悩まされる人は多いです。

疲れ目の状態が長く続く事で血行不良をおこし、ドライアイや目のむくみの原因にも繋がります。



(方法)

①目尻から目頭に向かって、中指の腹を使って、ぽんぽんと軽く刺激します。
②清明(せいめい)に人差し指の腹を当ててズレないように固定して、押しこむように刺激します。
③攅竹(さんちく)を、薬指側面で斜め上に向かって指圧します。
④眉毛の下に人差し指・中指・薬指の3本指をあてて、上へ持ち上げるように刺激します。

※清明:目頭と鼻の付け根の骨との間に位置するツボ
※攅竹:眉毛の内側の凹んでいるところ

(これをセットで、3回程度おこないます。)

オフィスでは、ボールペンを使って「清明(せいめい)」や「攅竹(さんちく)」のツボ押しをするのも、GOOD!


口元のしわ・たるみ解消のセルフエステ「地倉(ちそう)」

一日中家の中で家事をしていると、誰とも会う事もなく時間が過ぎていくこともありますね。表情を変えないまま過していると、表情筋は衰え、たるみが目立つようになります。表情筋の衰えが進むと、いざ笑顔を作ろうと思っても、「あれ?口元が動かない・・・。」なんてことも、珍しくないことなのです。

仕事帰りの旦那様を、素敵な笑顔で迎えることができれば、夫婦関係も良好になること間違え無し!

ここでは、口角をキュッと上げて、素敵な笑顔をつくるセルフエステをご紹介します。


(方法)

①唇を閉じ、口角を引き上げます。
②口角の少し外側にできるくぼみ「地倉(ちそう)」を、左右同時に両人差し指で指圧します。
③そのまま、外側に円を描くように刺激します。


このツボは、素敵な笑顔を作りやすくするだけでなく、くち周りのシワやたるみ予防にも効果的です。

また、ダイエットのツボともいわれていて、スリム体型を目指す人には嬉しい効果も!

空腹感を感じた時や食事の前に押すと食べ過ぎ防止になり、食欲を抑えるダイエット効果も期待できますよ!

仕事や家事の隙間時間でも、自分自身に手をかけてあげることで、見違えるほど美しさは変化してきます。

毎日のちょっとした習慣を意識して、あなたも今日から「セルフエステ」初めて見て下さいね。


セルフエステについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらの書籍もご覧下さい。

※書籍連動動画付きなので,動画でセルフエステを学べます。


執筆者:出口アヤ

更新日:2017年4月15日
公開日:2017年4月15日

新着記事

ログイン・無料会員登録