目覚めた時に頭をよぎる漠然とした不安…私が選んだ解消法とは

朝ふと目覚めた時に頭をよぎる漠然とした不安。その不安の内容や、それを解消する為に心がけている事についてまとめてみました。

寝起きに頭をよぎる不安

毎日ではないのですが、朝眠りから醒めてすぐのぼんやりした意識の中で、漠然とした不安が頭に浮かぶ事があります。不安の内容はさまざまですが客観的に見ると些細な事ばかりです。

でも気になり出すと頭からなかなか離れなくて、気持ちを切り替えるいい方法はないかな、とずっと思っていました。

不安の内容

「不安」と言っても身の危険を感じた時や、日常生活に支障をきたすような出来事が起こった時に不安になるのは当たり前なので別として、それ以外のただ漠然と浮かぶ「不安」について、分かったのは「過去の出来事」か「未来の出来事」について考えている時に起こるものだという事でした。

「昨日の○○について、やっぱりこうすべきだったかも?」
「これから先○○になったらどうしよう…」
といった内容で、正直考えてもどうしようもない事ばかりです。悩むだけ時間の無駄なのです。

不安を解消する為にはどうしたらいいのか

そんな不安を解消する為の方法を調べてみたら、いろいろなやり方が紹介されていました。

不安な状態の時は過去や未来に意識が向いているので、現在の自分に意識を戻す(今目に見えているものを観察したり、呼吸に集中したり)とか、軽く体を動かしたり好きな音楽を聞いてリラックスするなどがありましたが、どのやり方も今自分が感じている事に意識を向けるという点で共通していると思いました。

私が選んだ方法

そして今、私が不安な気持ちを感じた時それを解消する為にやっている事は二つあります。

〇不安な気持ちが浮かんでもそのまま放っておいて、やるべき事をやっていく。

不安な気持ちになると、なんとか理屈をつけて安心したくてその事について考え続けてしまいがちです。でも安心感は考え続ける事によっては得られないのだと分かりました。堂々巡りになるだけです。

だから不安な気持ちはなんとかしようとせずにただ放っておいて、朝なら時間通りに起きて顔を洗ってやるべき事をやっていきます。不安に注目するのをとりあえずやめて、現在の自分に目を移すのです。するといつの間にか不安が薄れていって落ち着いた気分に戻っています。

〇「ま、いっか!」を口癖に

私の妹はあまり細かい事でくよくよ思い悩まないタイプなのですが、妹と話をしていた時、「ふーん。私なら(ま、いっか!)で流すけどなー」と言われて、「ま、いっか!」って言葉っていいな、と思ったのでした。言ってみるだけで気持ちが軽くなる気がします。

そこで、不安な気持ちになったらとりあえず「ま、いっか!」と口に出したり心の中で言ってみるようにしました。けっこう気持ちを切り替えるのに役に立っている気がします。

人間、性格はそう簡単に変えられないので私がこれから急に「何事にも動じない人間」になるのはとても無理ですが、自分に合った方法を見つけて対処していけばいいのかなと思っています。

「#ポジティブ」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■自分嫌いからの脱却!自己肯定感を持てるようになる方法
■エニアグラムで性格診断~変わる?変わらない?その性格No.3
■人と比べてモヤモヤしてない?自信が持てる自分に変わる方法!
■自信なんてなくていい。大切なのは一歩踏み出す勇気
■ポジティブ心理学の見地から☆辛い気持ちを乗り越える方法


更新日:2018年9月27日 / 公開日:2018年9月27日

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録