アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

0円で簡単にできる♪体の中からキレイになる3つの美人習慣

キレイになりたいけど、高級化粧品を買うお金がない…毎回エステに通うお金も時間もない…そんな方にぜひオススメしたい、お金を1円もかけなくても外見だけでなく体の内側からキレイになるための美人習慣をご紹介致します。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

日本ビューティーフード協会インストラクターの若山嘉子です。心の底から満たされる、働き女子のビューティーフードメゾットに関して発信しています。

今回はお金を1円もかけなくても、外見だけでなく体の内側からキレイになるための美人習慣をご紹介します。

腹7分目を意識して食べる

腹七分目と言われると、腹七分目がどのくらいの感覚かわからない方もいらっしゃるかと思います。腹七分目の目安としては、いつもと比べて少し物足りなく、まだ食べられるかも、というところで終わる程度です。

量を抑えることで物足りなさからストレスを感じる方がいるかもしれませんが、そういう場合は、こまめに水分を取ったり、よく噛んで食べたりすることで解消されます。

また、腹7分目を意識して食べることで、実は以下のようなメリットがあります。

まず、食べ物が体の中へ入る量が減るのでその分消化しやすくなります。その他に、サーチュイン遺伝子という若返り遺伝子が活性化されます。サーチュイン遺伝子が活性化されると、細胞の修復や脂肪の燃焼、シミやシワの防止などが期待できます。

また、食費も節約できるので、一石二鳥どころか三鳥にもなります。

反対に、満腹になるまで食べてしまうと、内臓脂肪が溜まる原因となったり、消化できない分が老廃物として溜まったりすることになりかねません。そのため、腹7分目がいいのです。

よく噛んで食べる

上記にも出てきましたが、よく噛んで食べることによって、消化しやすくなるのはもちろんのこと、脳にある満腹中枢が刺激され、たくさん食べなくてもお腹いっぱいになることができます。

つまり、上記で述べた“腹7分目”の量でも、よく噛んで食べることで自然に満足感が得られるということになります。

また、口の周りの筋肉がたくさん使われるため、フェイスラインが引き締まり、小顔効果が期待できます。さらには、表情が豊かになります。

表情が豊かな人は、明るく親しみのあるように見られることが多いので、男性女性関係なく周りからの印象はさらに良くなるでしょう。

キレイな女性がドカ食いをしたり、早食いをしたりしていると、ガッカリしてしまいますよね。美容効果を高めるためにも腹7分目に抑え、よく噛んで食べることが大切です。

寝る3時間前までに夕飯を食べ終える

これは“消化時間”と関係があり、食べたものを胃で消化するのに3時間程かかり、寝るまでの間に消化吸収することで、眠っている間に脂肪が分解されやすくなります。

反対に、眠りにつくまでに消化が終わっていないと、胃に負担がかかり、その結果、睡眠の質を落とすことになるため、翌朝疲れが残ったままになります。

ただ、仕事や外出などでどうしても遅い時間になってしまう場合は、消化のよいものを選び、少量食べることをオススメします。そうすることで、胃の中に食べ物が滞留する時間が短くなり、胃への負担は少なくなります。

以上の3つを挙げましたが、これらは全くお金をかけることなく簡単に実践できるものばかりです。美容のためだけでなく、健康的な体を手に入れるためにも、ぜひ習慣化して取り入れてみてください。

「#生活習慣」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■michill(ミチル)の「アプリ」が遂に登場!便利な機能をご紹介♡
■プロが教える食べやせ術!キレイ痩せの秘訣は○○を食べること!
■私なら絶対に食べない!プロが教える実は危険な5つの食べ物
■女性ホルモンと上手に付きあい、美肌をキープする美容法とは?
■ちょっとの工夫で毎日キレイ♡美人がやってるスキンケア習慣


執筆者:日本ビューティーフード協会


この記事に関連するキーワード


24

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録