アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

秋と言えばべっ甲ネイル♪マニキュアでの簡単赤べっ甲ネイルのつくり方2選

秋になるとアクセサリーなどで使いたくなる、べっ甲柄。大人ファッションによく似合うオシャレアイテムです。オレンジや茶系のべっ甲柄以外にも特にネイルでは様々なカラーのべっ甲があります。今回はフットネイルに使用したいので赤のべっ甲を2パターン、マニキュアでのアートのやり方と共にご紹介します。

目次

濃いめ赤べっ甲フットネイル 使用カラー

左から
PAネイルカラープレミアgpa01
Ducatoカカオ
リキュールネイル3濡羽色
PAネイルカラーcr06

一番左のPAのレッドは2018秋の新色で、クリア気味の赤色マニキュアです。

原色赤のクリアタイプはプチプラではあまり取り扱いがないので、通常の赤にトップコート等のクリアカラーを混ぜてクリアレッドを作っても便利です。

濃いめ赤べっ甲ネイル 描き方

1.ベースコートを塗った爪にクリアレッドを軽く1度塗りします。ムラがあってもOK。

2.クリアレッドを塗ったすぐ後に、ブラウンを数カ所適当にドットのように置きます。

3.クリアレッドのマニキュアの筆を使って、ブラウンを馴染ませていきます。

混ぜすぎないことがポイントです!ドットのように置いたカラーの周りの部分をトントンとぼかすイメージです。

4.トップコートなどのクリアマニキュアを全体に塗り、フラットにします。

ここまでの工程でお好みの柄になりましたら、完成です。次の工程は更に奥行きを出す為のものです。

5.柄がぼやけすぎていたりする場合には、クリアブラックを使って調整します。濃淡を感じられる方がよりべっ甲柄に近づく為です。

6.トップコートを塗ったら完成です。

他の爪は親指のべっ甲に使ったカラーを塗っただけにして、全体をまとめました。

2パターンめはややピンク寄りな印象の、ライトな赤べっ甲ネイルです。

ライトな赤べっ甲フットネイル 使用カラー

左から
ワンダーネイルWN09
リキュールネイルベリー
NAILHOLICアート用ゴールド

ライトな赤べっ甲ネイル 描き方

1.ベースコートを塗った爪に、リキュールネイルのベリーを塗ります。

2.ベリーが乾かないうちに、レッドマニキュアを数カ所置きます。

3.ベリーの筆を使って、1パターンめのべっ甲ネイルのように部分的に柄をぼかします。

4.あまり爪の中央ばかりでなく、全体的に柄があるようにするとより良く見えます。

最後にゴールドのアート用マニキュアで縁取りをしました。

天然石ネイルのようにも見えます。

パンプスやブーツの季節になり、なかなかつま先が見えるような機会も減りましたが赤のネイルが足元に乗っているのが目に入ると、不思議と気持ちがあがることがあります。

ハンドには使いにくいカラーも、フットネイルで活かしてみませんか。

「#べっ甲ネイル」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■michill(ミチル)の「アプリ」が遂に登場!便利な機能をご紹介♡
■秋におすすめ!大人女子の指先をおしゃれに彩る赤べっ甲ネイル
■ネイルエナメルの絶対王者。シャネル“08番”のお話
■秋ファッションのポイントに♪ボルドーカラーで大人のフラワーネイル
■ワンカラーでキマる!ボルドー×パールのレディライクネイル


/

この記事の著者

ayako.r

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録