みんなやりがち…!プロが教える【残念なデカ目】を作るNGテク3つ

目を大きく見せたいとアイメイクを頑張る女性は多いのでは?しかし、間違ったアイメイクは、かえって【残念なデカ目】を作ってしまうことがあるんです…。まわりから魅力的どころか「やり過ぎ」「必死過ぎ」と思われるのは避けたいですよね…。そこで今回は目元プロデューサー垣内綾子さんのNGデカ目テクを紹介します!

大人の残念デカ目の正体は大きな黒目だった…!?

10,000人以上の目元をプロデュースしてきた目元プロデューサー垣内綾子さんの書籍『人生が動き出す!ナチュラルデカ目の作り方』で紹介されている「残念なデカ目を作ってしまうNGメイクテク」をmichillで特別にご紹介!

デカ目というと、“黒目がち”な印象がありますよね。しかし、垣内綾子さんによると「これが勘違いのはじまり」なんだとか。

大人のナチュラルなデカ目を叶えるのに大切なのは、実は「白目」の部分。白目がキレイに見えることで、印象的な目元が作れるんだそうです。黒目を強調するコンタクトレンズがありますが、大人のナチュラルデカ目にはかえって逆効果なんですね…。

上の画像が「黒目コンタクトなし」、下の画像が「黒目コンタクトあり」です。比べてみると、黒目コンタクトをつけたデカ目は不自然な感じがして、ちょっぴり怖い印象もあります…。

大人のナチュラルデカ目を作りたい時は、ぜひ「白目」部分を意識してみましょう!

ボリューミーなまつ毛が作るのは「必死感」だけ…!?

ふさふさとボリューミーなまつ毛が、実は残念なデカ目をつくる理由のひとつなんです…!

垣内綾子さんの書籍によると、日本人のおよそ6割以上は下向きまつ毛なんだそう。ビューラーで上向きにしても、マスカラをたっぷり塗ってしまうと、重みに耐えきれずに下がってきてしまう…という“あるある”に思い当たる節のある女性も多いのでは?

重みで下がってきてしまったまつ毛は「白目」部分に影を落としてしまい、大人のナチュラルデカ目には逆効果に。さらに身長の高い男性が女性を見下ろしたときに、ふさふさのまつ毛が目を覆い隠してしまい、そこまでキレイじゃないんだとか…。

上の画像ではまつ毛が白目に被ってしまい、重たい印象に…。下の画像は白目がハッキリ見えており、イキイキとした印象を受けます!

たっぷりボリューミーなまつ毛メイクは「必死感」だけが出てしまい、残念なデカ目を作ってしまうんですね。

真っ黒なアイラインが「やり過ぎデカ目」の原因に

「アイラインといえば、黒!」という女性は多いと思います。

日本人は黒髪、黒目のイメージですが、実は本当に“真っ黒”というわけではないようです。そのため、ブラックカラーで引いたアイラインは不自然な印象を与えてしまうんだとか。

黒のアイライナーでくっきり引いたほうがよさそうですが、大人のナチュラルデカ目を作るには「やり過ぎ」になってしまうんですね。

そこで垣内綾子さんによると、アイラインを引くアイテムは「ダークブラウン」がオススメだそう♡肌馴染みがよく、柔らかな印象を演出してくれますよ◎

今回は目元プロデューサー垣内綾子さんが教えるNGデカ目テクを紹介しました!

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ垣内綾子さんの書籍『人生が動き出す!ナチュラルデカ目の作り方』をチェックしてみてください。

ついやりがちなNGアイメイクテクをチェックして、大人のナチュラルデカ目を叶えていきましょう♡

記事協力:垣内綾子著「人生が動き出す! ナチュラルデカ目の作り方」

「#デカ目効果」の記事をもっと見る


更新日:2018年12月16日 / 公開日:2018年12月16日

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録