アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

プロから学ぶ!美眉を叶える秘密&おすすめプチプラ・デパコスアイブロウ3選

日本化粧品検定1級、コスメコンシェルジュの元美容部員、藤田あみです。メイクをする上で、美人を際立たせるパーツといえば『アイブロウ』。美眉を作るためのアイテム選びはとっても大切。今回はメイク講師の私が愛用しているプチプラ&デパコスアイテムをご紹介します♡

目次

美眉の秘密は『アイブロウペンシル×アイブロウパウダー』の2つ使い

ペンシルやパウダーでキレイに仕上げたつもりでも、なぜかナチュラルに仕上がらない…。
そんな経験ありませんか?

眉が悪目立ちする原因は、メリハリがないから!

ペンシルのみで失敗する場合は、濃淡がしっかり出ていないことが原因。
パウダーのみで失敗する場合は、ぼんやり書きすぎ、眉の形どりができていないことが原因。

そんな失敗を防ぐ、オススメのアイブロウをご紹介します!

薄眉さん・眉尻無しさん、乾燥肌さんにオススメ3機能一体型アイブロウ

サナ エクセル(EXCEL)パウダー&ペンシル アイブロウEX
全8色 1,556円(税抜)

エクセルのアイブロウの凄いところは、ペンシル、パウダー、ブラシの3つ全てが1本で完結できてしまうところです。

また、ペンシルの先が楕円なので、太い線も細い線も自由自在に描けちゃいます。
芯が適度に柔らかいので、力を使わず楽に書くことができます。
乾燥肌さんは皮膚が薄いので、肌に負担をかけにくい柔らかい芯を選んでくださいね。

今細芯の方は、一度楕円タイプのアイブロウペンシルを使ってみてください。
使い慣れるほど病みつきになること間違いなしです!

初心者さんは、次のアイブロウがオススメです。

眉が苦手さん、脂性肌さんにオススメアイブロウ

ケイト(KATE)ラスティングデザイン アイブロウW N
細芯2色/楕円2色/リキッド1色

ペンシルと、ぼかすためのパウダーがセットのアイブロウです。
眉が苦手さん、初心者さんにはこの細芯タイプがオススメです!

芯が少し固めなので、濃くなりすぎる心配がありません。
軽いタッチで少しずつ描いていくことができます。
眉頭はパウダーで、眉尻はペンシルで書くのが正解です。

また、脂性肌さんにもケイトのWアイブロウはオススメです。
脂性肌さんの場合、芯が柔らかすぎると、滑ってしまい書きにくいですよね。
ある程度の固さを残しつつ、描きやすいアイブロウを選ぶならケイトがオススメです。

アイブロウパウダーで濃淡を大切に

ルナソル(LUNASOL)スタイリングアイゾーンコンパクト
全1種 4,200円(税抜)

美眉を作る大切なポイントの1つが立体感です。
立体感を出すのに大切なのは「色の濃淡」。
アイブロウペンシルだけで仕上げようとすると、どうしても濃淡が出ないため、ナチュラルさに欠けてしまい、悪目立ちしてしまう原因となります。

そこで、オススメしたいのがルナソルのアイブロウパウダー。
5色のグラデーションを使い分けることにより、ナチュラル美人眉に仕上がります。
明るい色は眉頭をぼかすだけでなくハイライトにもなり、濃い色は眉尻に色を足し、濃淡を演出します。

また、マットなアイシャドウ代わりにもなるので、ルナソルのアイブロウパウダー1つでアイメイクを完成させることも出来ますよ。

眉メイクは奥が深い!

意外と適当に選びがちな眉アイテムですが、実は芯の形も選び方次第で美眉の近道にもなるんです。

ぜひペンシルもパウダーも、先入観から“これじゃなきゃだめ!”とは思わずに、新しいタイプにもチャレンジしてみてくださいね♪

※記事内の商品価格は筆者購入時の価格です。

「#アイブロウ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

藤田あみ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録