アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

時短&簡単にぱっちりデカ目になれる!プロが教えるワンカラーグラデーション術

メイクセラピストのaikoです。アイシャドウの真価を発揮するにはグラデーションが欠かせないもの!立体感が増し、目を大きくみせることができます。しかし、忙しい朝にグラデーションを作るのはなかなか大変…。そこで今回はワンカラーでグラデーションをつくる、時短アイメイク術のご紹介です。

目次

ワンカラーでもこんなにキレイ!

アイシャドウは基本的に2種類から4種類のカラーを重ねてグラデーションをつくりますが、実はワンカラーでもグラデーションをつくり出すことができます。

多少のコツはありますが、慣れてしまえばとても簡単に素早く出来るというのが最大の魅力です。

こちらが実際にワンカラーでグラデーションをつくってみた写真です。

もちろん数種類のカラーでつくったグラデーションの方が鮮やかですが、ナチュラルメイクであればワンカラーのグラデーションでも違和感はありません。
忙しい朝には特に重宝するテクニックです。

それでは、ワンカラーでグラデーションをつくるポイントをご紹介いたします。

ワンカラーグラデーションのポイント

ワンカラーで綺麗なグラデーションを作りたい時のポイントは『下地』。

1色で綺麗な目元に仕上げたい時は、まぶたに『濡れたようなみずみずしいツヤ』を出すのが最大のポイントです。

ファンデーションをつける前の下地をいつも以上にたっぷりとつけていきましょう。

何色か使用してアイシャドウのグラデーションをつくる時は自然に立体感が出るのですが、1色でアイシャドウを仕上げたい時は立体感を出すために下地をたっぷり使用していきます。

そして、1色で仕上げたい時はパウダータイプのアイシャドウよりも、クリームアイシャドウがとてもオススメです。

パール感や濡れたような質感が自然に出ますし、指の腹で優しくタッチしてつけていくだけで簡単にグラデーションがつくれます♡

単色アイシャドウの塗り方

実際に1色で綺麗に仕上げるアイシャドウのポイントです!

① 黒目の上を中心に広げていく。

上の写真はシュウウエムラのクリームアイシャドウ ベージュを使用しています。

ファンデーション、アイブロウメイクが終わったら、クリームアイシャドウを中指に取り、上の写真の〇の部分、黒目の上辺りにポンポンと指の腹を使ってのせていきます。
二重のラインの少し上辺りに置いていくのがポイントです。

1番はじめにつけた場所に、色味がのるので中心部からスタートしていきましょう。

② 中心部から周りにひろげるようにつける。

次に、先ほどつけた中心部分から写真のように放射線状にのばしていきます。
眉の下ギリギリまで広げていくのが1色で仕上げる時のポイントです。

このように広げていくと、指でタッチする回数が多いと中心部分の色がぬけてしまうことがあるのですが、その時はもう1度中心部分だけに色を重ねていきます。

仕上がった時に、まぶた全体にキレイにツヤが出たら完成です。

ワンカラーでのグラデーションは、仕上げはとてもシンプルだからこそ、ちょっとしたポイントが重要!

・下地をたっぷりつけてまぶたを明るくすること
・まぶたの中心に色がのるようにグラデーションをつくること

この2つのコツを掴むと短時間でも、綺麗なグラデーションがうまれ、優しい目元に仕上がります。

ピンクやブラウンが特に使い勝手が良いですので、「忙しくて時間がない!」という方にこそ、ぜひお試しいただきたいメイクテクニックです。

「#時短コスメ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

荻野愛子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録