アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

お酢でさっぱり!梅雨のじめじめを吹き飛ばすお酢を使った簡単おかずレシピ

フードコーディネーター・スパイス香辛料アドバイザーの笠原知子です。これから雨の多い梅雨の時期に入ります。じめじめとした毎日で気分が上がらず、体調もいまひとつ、という日が多くなりがちです。そんな時期の食卓には、さっぱりと食べやすいお酢を使った料理はいかがですか?お酢を使った料理で内面から疲労回復しましょう!

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

さっぱり豚丼

お酢を使って、豚肉を照り焼きにしました。お酢をたくさん使っていますが、酸味はあまり気にならず、食べやすい味付けです。

小麦粉をつけて焼いているので味がしっかり絡み、丼ものにも、お弁当にもぴったり。葉物野菜やトマトと一緒に盛りつければ彩りもよく、さっぱりと食べられます。

材料(2人前)

・ご飯 多めに2膳
・豚ロース肉(生姜焼き用)6枚
・レタスなどの葉野菜 4枚
・トマト 小1個
・しょうが 1片
・万能ねぎ 1本
A)酢 大さじ2
A)醤油 大さじ2
A)砂糖 大さじ1
A)はちみつ 小さじ1
A)日本酒 大さじ1
・小麦粉 適量
・サラダ油 大さじ1

作り方

① 豚ロース肉は、肉と脂肪の間の筋に数か所切り目を入れて筋切りをする。小麦粉を薄くつける。

② 生姜をすりおろし、Aの材料と混ぜ、あわせだれを作る。

③ フライパンにサラダ油を入れて火にかけ、豚肉を焼く。

④ 両面をこんがり焼いたら、たれを入れて全体に絡ませるように焼く。

⑤ 丼にご飯を盛り、その上に葉野菜と串切りにしたトマト、豚肉をのせる。小口切りにした万能ねぎを散らす。

豚肉の筋切りをすると、焼き縮みが防げます。豚肉をつかった丼ものは男性ウケもよく、また、味付けはさっぱりしているので、女性にもおすすめです。

鮭とパプリカのエスカベッシュ(洋風南蛮漬け)

鮭とパプリカを洋風の南蛮漬けにした料理です。南蛮漬けといえば、豆鯵などで作ることが多いですが、鮭を使うと調理もしやすく、また、食べやすくなります。

鮭のオレンジ色にパプリカの赤と黄色、元気いっぱいのビタミンカラーで、食卓も華やかに。

材料(2人分)

・鮭 2切れ
・玉ねぎ 1/4個
・赤パプリカ 1/4個
・黄パプリカ 1/4個
・セロリ 5cm
A)ワインビネガー 100cc
A)白ワイン 60cc
A)水 大さじ40cc
A)砂糖 大さじ2
A)塩 小さじ3/4
A)ローリエ 1枚
A)鷹の爪(輪切り) 1/2本分
・小麦粉 適量
・塩 適量
・ハーブ お好みで
・揚げ油 適量

作り方

① Aの材料を小鍋に入れて煮立てて、冷ます。

② 玉ねぎ、パプリカ、セロリはそれぞれ千切りにする。

③ 鮭は食べやすい大きさに切り、塩を振って小麦粉をつける。フライパンに1cmくらい揚げ油を入れて、鮭の余分な小麦粉をはたいて入れ、両面を揚げ焼きにする。

④ 鮭が揚がったら、熱いうちにつけ汁に入れ、千切りにした野菜も入れて漬ける。

⑤ 冷めたら冷蔵庫に入れて味をなじませる。

⑥ 盛りつけて、お好みでディルなどのハーブを添える。

漬けてすぐでも食べられますが、冷蔵庫で味をなじませるとおいしくなります。作り置きにも◎。

ワンタンひらひら酸辣湯

トマト入りの酸辣湯には、ワンタンの皮を入れます。具なしのワンタンですが、つるんと食べやすく、軽食にも。お酢の酸味、胡椒とラー油の辛みに食欲が刺激されます。

お酢の分量はお好みで加減してください。

材料

・豚肉 50g
・卵 1個
・トマト 1/2個
・もやし 1/2袋
・えのきだけ 1/2袋
・長ねぎ 10cm
・生姜 1片
・ワンタンの皮 8枚
・酢 大さじ1と1/2
・紹興酒または日本酒 大さじ1
・醤油 小さじ2
・鶏がらスープの素 小さじ1と1/2
・ごま油 大さじ1/2
・砂糖 ひとつまみ
・塩 適量
・水 500cc
・片栗粉 小さじ2
・ラー油 適量
・胡椒 適量

作り方

① 豚肉は1cm幅に切る。長ねぎは千切りにする。生姜はすりおろす。えのきだけは石づきを切りおとし、半分に切る。トマトはザク切りにする。

② 鍋にごま油を入れて、豚肉を入れて炒め、長ねぎ、生姜の半量を入れて炒める。

③ 水と鶏がらスープの素、醤油、砂糖を入れて、沸騰したら、紹興酒(日本酒)、えのきだけ、もやしを加える。

④ ワンタンの皮をくっつかないように順に入れて、柔らかくなったら、トマトと胡椒を入れ、塩で味を調える。

⑤ 倍量の水で溶いた片栗粉を少しずつ入れてとろみをつける。1~2分煮て、しっかりととろみがついたら溶き卵を回し入れ、酢、ラー油を加える。

お豆腐やたけのこ、きくらげなど、具材はお好みでいろいろアレンジしてください。

梅雨の時期は、お酢を料理にプラス。さっぱりと食べられるだけでなく、食材が傷みにくくなるのもうれしいですよね。

お酢を使った料理をしっかり食べて、梅雨の憂鬱な気分を、さっぱりと吹き飛ばしましょう!

「#おかず」の記事をもっと見る


執筆者:笠原知子



36

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録