アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

女の敵は女?!『お前なんか嫌いだ…!』苦手なあの子と穏やかに付き合うためのポイント

嫌味を言う人、嫌がらせをする人、高圧的な人 …周りそんな女子はいませんか?ちょっと合わないな…と思ったら距離を置くのが一番ですが、なかなかそうはいかないもの。今回は女性にどんな女性がが苦手かアンケート。種類別に対処法をご提案します♪

目次

言い方がきつい、嫌味な女子の対処法

『個性的ですね!とーってもおしゃれ♡(ダサいね)』
『ぷにぷにしていてかわいい♡(ぽっちゃりしてるね)』
先輩に言われた言葉。先輩の好みを考えると本心で言っているようには思えません。(20 代公務員:女性)

女は言葉で殴り合うとよく言います。言い方にトゲがあったり、嫌味を言われたりすると、つい『わざわざ気に障る様なこと言わなくても良いじゃないか!』と言いたくなってしましますよね。

でも、他人は変わることはそうありません。その人を変えようとするから余計にストレスを抱えてしまうのです。自分の受け取り方を変えるのがストレスフリーに過ごす最短の道!他人を変えるより自分が変わるほうがまだ簡単です。

こんな時は視点をいつもよりも高く!

「こんな言い方しかできないなんてかわいそう」
「友達いないんだろうな…」
と思えばイライラする気持ちも収まってくる気がしませんか?

マウント女子にはこう対処

「○○のバッグの最新モデルかっちゃった☆」
服や持ち物、旦那など、ありとあらゆる物について比較して自分の方がいかに良いものを持っているか逐一報告してきてうんざり…(30代事務:医療関係)

俗にいうマウント女子、よく聞きますよね。そもそもマウントを取る行為は、あなたに脅威を抱いている、劣等感を抱いているというあらわれ。

「自分の方がいかに優れているか」を常にアピールしないと不安なのです。だからもはや気にする必要がありません。

『あぁ、またなんか言っているぞ(笑)』と好きな飲み物でも飲みながらリラックスしましょう。

何でも否定する否定系女子にはこう対処

「いや…」「でもさ~…」
「否定ばかりの人とは雑談していても楽しくないですね」(30代 会社員)

話が否定形から始まる人、男女問わず結構いますよね。否定形の女子は大きく分けて2種類のタイプに分かれます。

①自分の答えに自信がない

自分の発言に自信がなく、言葉尻を和らげるためになんとなく『いや、でも』が前置詞的についてしまうタイプ。その場合は「この人なりのあいさつなのかも…」と思い込みましょう。

②いつも自分の意見が正しいと思っている

他人を否定することによって自己肯定感を得るタイプの方が稀にいます。その場合はちょこっと抵抗がおすすめ。

たとえば会社の上司なら数回に一回、お誘いを断ってみる…など少しだけでも抵抗すれば、心もちょっと穏やかになる気がしませんか?

それでももう我慢できない!という時はノートに正直な気持ちを書いて、吐き出すとスッキリしますよ♪

今回はタイプ別『苦手な女子』との付き合い方をご紹介いたしました。苦手な人と対峙するのは大きな負担になってしまいます。ちょっと疲れちゃったな…という時は見方をかえてリラックスしてみては?

「#人間関係」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

michill ライフスタイル

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録