アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

もう失敗しない!メイクの時間が劇的に短縮&デカ目になれる!アイライナーの選び方

メイクセラピストのaikoです。あなたはアイライナーをどんな風に選んでいますか?目元の印象を決める大事なアイテムですが、「自分にぴったりのアイライナーに出会えない」と感じている方も多いはず。今回は上手に、そして簡単にアイラインを引くためのアイライナーの選び方をご紹介させていただきます。

目次

アイライナーは『リキッド』がオススメ

リキッドアイライナーのメリット

アイライナーといっても、種類は様々。大きくはペンシル、ジェル、リキッドの3タイプに分かれています。その中でも、目元をハッキリと際立たせ、大きく見せる効果が高いリキッドタイプが人気です。

ですが、人気があると同時に、この3タイプの中で一番難易度が高いのもこのリキッドアイライナー。

実際にメイクレッスンの中でたくさんの方から、『リキッドアイライナーはどれがオススメですか?』『リキッドアイライナーを使っているけれど、うまく描けない』など、リキッドアイライナーに関するアイテムの選び方やコツについてのご質問を1番多く頂きます。

「使ってみたいけれど難しそう」と特に失敗した時の修正が難しいと思われていますが、リキッドアイライナーはコツさえ覚えてしまえば意外と簡単。汗や水に強く、目元をとても大きくみせる効果があるので、3タイプの中で1番おすすめです。

簡単にリキッドアイラインを引くテクニックを、過去の記事『簡単なのに効果絶大!新技“ダブルアイライン”のやり方』で紹介しておりますので、よろしければこちらもご覧ください。

滲みにくく、描きやすいリキッドアイライナーを使うことで、メイクは驚くほど簡単になります。次に実際にリキッドアイライナーを選ぶコツについてご紹介します。

良いリキッドアイライナーを選ぶコツ

リキッドアイライナーを選ぶのも、本当に様々なメーカーから多種多様なリキッドアイライナーが発売されており、迷ってしまいますよね。たくさんの商品の中から、自分に合ったアイライナーと出会うためには、明確な『選ぶ基準』が必要になってきます。

そこで、優秀なアイライナーを選ぶ基準はたったの2つ。
リキッドアイライナーの筆の部分の「太さ」があることと「コシ」があることです。

筆記用具の筆ペンを使う時をイメージしてみてください。筆が細くて柔らかいと、筆先が不安定で1本の線を引く時にガタガタしてしまいますよね。でも、これがマジックのように固さがあって太いと一気に安定したラインが描けます。

『繊細な目元にアイラインを描くために、細く柔らかいタイプを選んでいた』という方も多いですが、なるべく太くコシのあるものを使うことで、安定したラインを引くことが出来るようになります。

ドラックストアで試したり、デパートのコスメカウンターなどでタッチアップしてもらい、自分好みの1本を探してみてくださいね。

お手頃アイライナーイチオシのアイテム

お手頃で、優秀なリキッドアイライナーのオススメがこちらです。

・フローフシ『モテライナー リキッド』 全5色/1,500円(税抜)

言わずと知れた大人気のモテライナーですが、全5色から好みのカラーを選べ、高密度ハイブリットポリマーのため耐水性が高く、硬さやコシの違う4種類の毛がブレンドされた筆で描きやすさ抜群です。

なんとこの筆の部分!熊野・奈良の伝統と先端科学技術を結集させた「大和匠筆」が採用されています。八角形のボトルの安定感もあるので、初心者の方でもとても描きやすいです。

お肌にも優しい色素沈着しないNON染料タイプ。エンドミネラルという独自の美容成分が配合されており、ぬるま湯で簡単にオフできるなど、お手頃なのにとても高機能なアイライナーです。

難しいとされているリキッドアイライナーですが、ちゃんとコツをおさえて、使いやすいアイテムを選ぶことで、素早く簡単に美しいラインを引くことができるようになります。

目元を美しく上手に彩るために必要なのは、練習や努力ではありません。簡単にできるやり方を知り、適切なアイテムを選ぶだけで、驚くほどあっさりと理想の自分に近づけたりします。

この記事が、アイライナーを選ぶ時のお役に立てれば幸いです。

※記事内の商品価格は筆者購入時の価格です。

「#アイライナー」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

荻野愛子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録