アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

頬の赤みが気になる人必見!グリーンじゃなくあの色で赤みを隠せるって本当?

美容部員の経験や日本化粧品検定1級の知識を活かして美容情報発信中の美容ライター、みーしゃです。皆さんは顔の「赤み」を気にされたことはありますか?目立ちやすい「顔の赤み」はメイクでカバーすることが出来ます。今回は顔の赤みを「上手くカバーできない」とお悩みの方必見のコスメとメイク術です。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

赤ら顔はメイクでカバーする

元から顔に赤みがある人・メイクなどの刺激で赤みが出てしまっている人・スキンケアで炎症を起こしている人など様々ですが、それらの赤みはメイクでカバーすることが出来ます。

どんなコスメを使えばいいのか、どうすれば上手くカバーできるのか分からない方におすすめのメイクテクニックをレクチャーします♡

赤ら顔はグリーンじゃなくて「イエロー」?

一般的には「赤み」は「グリーン」のコントロールカラーやコンシーラーでカバーすると言われていますが、グリーンでは白く浮いてしまったり、綺麗にカバーできないことがあるんです。

そんな時に頼りになるのが「イエロー」。

特に「イエローベース」と呼ばれる黄み寄りの肌の方は「グリーン」よりも「イエロー」の方がなじみが良く、赤みが綺麗にカバーできることがあります。

かえって赤みが目立ってしまったり、白く浮いてしまう、グリーンで試してみて上手くカバーできない等のお悩みのときには、イエローを一度試してみる価値があります。

赤ら顔をカバーするおすすめコスメとメイク術

「イエロー」のコントロールカラーの一押しコスメは「WHOMEE」の「コントロールカラーベース」。肌なじみが良く使い心地も良いので、世代問わず人気があります。

赤みだけでなく、夕方の顔のくすみをカバーできたり、シミやそばかすのナチュラルなカバーもできる優秀なアイテムなんです。

コントロールカラーは「下地」の位置づけなので、スキンケア後、気になる箇所または全顔に馴染ませます。いつも使う下地があればそれと組み合わせることもできます。前後に組み合わせてみましょう。

「イエロー」は赤みのカバーだけでなく、肌のいろんなアラをカバーしてくれる力があるので肌全体に塗るのがおすすめです。

厚く重ねると崩れの原因になるので要注意。ファンデーションで塗ってカバーしようと思うとどんどん厚塗りになって素肌感や透明感を失ってしまうので、上手く下地を活用することで、綺麗なベースメイクに仕上がっていきます。

気になる赤みはコスメを上手く使ってカバーすることでいつものメイクの質を高めることが出来ます。ぜひお試しあれ。

「#ベースメイク」の記事をもっと見る


執筆者:みーしゃ



16

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録