アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

腫れぼったく見えちゃう悩みを解消!レシピ付きですぐマネできる大人可愛いピンクアイメイク♡

秋が深まるこの時期、目元を華やかに見せる”ピンクのアイメイク”はまだまだ人気継続中!「ピンクシャドウは目元が腫れぼったく見える…」「使い方が分からなくて挑戦できない…」そんな方々にも簡単に“可愛く”“腫れぼったくならない”ピンクシャドウの活用法をお伝えします!

目次

ピンクシャドウの選び方と使い方のポイントは4つ!

ピンクシャドウの選び方と使い方のポイントは

①ベージュ寄りか赤寄りの色を選ぶ
②濃いピンクシャドウは上目尻か下まぶたにワンポイントのみ入れる
③二重のラインより上には濃く塗らない
④目元に色がある分チークは薄めでバランスをとる

この4つです!

青寄りのピンクは肌馴染みが難しい場合もあるため、最初は肌に近いベージュもしくは赤寄りにしましょう!

あまり多く瞼に乗せてしまうと腫れぼったく見えてしまうので、あくまで二重のラインまで。二重にチップで乗せてから、境界線を指でぼかすと自然にまぶたに広がるので、最初からまぶた全体に伸ばさないように注意!

また、アイシャドウパレットには明るい色から暗い色まで入っており、ピンク系のシャドウを買うとピンク系に色味が統一されていると思いますので、その中でも濃く暗い色は上目尻か下まぶたに乗せると目元が引き締まります。

人気のピンクシャドウ3つはこれ♪

ここでは人気のピンクシャドウを3つと、それぞれの使い方もご紹介します!

①フーミー アイシャドウパレット sunset pik

青みのあるピンクではありますが、薄く伸ばすと華やかな目元に。つけすぎに注意です!オレンジ寄りのピンクで上下の目尻をぐっと引き締め、お洒落な印象にしてくれます。

②アディクション ザアイシャドウ 99 Miss you more

シルバー系のラメが入っておりチラチラと輝く、うるうるして可愛いピンクメイクが出来ます。

指で取ると色味が出て、ブラシだとラメが中心に乗るため二刀流の使い方が出来る優れもの。涙袋にはブラシでラメを乗せて可愛い目元を手に入れましょう!

③CANMAKE パーフェクトスターリングアイズ 14

こちらも人気色で、濃淡が着けやすく密着度も高いピンクシャドウ。

淡いピンクをまぶたに乗せたら、目尻に少し濃い色味を乗せアクセントに。最後に一番明るい色を黒目の上下に乗せれば、立体的な目元が完成します!

ピンクシャドウは、なかなか挑戦し難いと思っている方も多いですが、意外と簡単に可愛く、馴染みよく使えるものばかりなのでぜひ試してみてくださいね♡

「#アイメイク」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

Ricotta

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録