アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

パンプキンシードで見た目も可愛い♡パンプキンベーグルのつくり方

パンプキンシードでおめかししたベーグル。かぼちゃ効果でふかっとしっとり食べやすいベーグルの紹介です。

目次

材料と作り方

10月のイベントといえばハロウィン。パンプキンシードで見た目も可愛いパンプキンベーグルはハロウィンパーティの1品にぜひ作ってもらえたらと思います。

マッシュしたかぼちゃだと水分量がかぼちゃによって違うので、いつも安定して焼けるようにかぼちゃパウダーを入れて作ります。

お砂糖の変わりに今回はアガベシロップを使って身体にも優しいベーグルです。

アガベシロップがない場合はメープルシロップまたははちみつで代用してください。

ベーグルにもいろいろな食感があると思いますが、子ども達が食べやすいようにふかっとした食感になるように1次発酵をとるレシピにしています。

材料(4個分)

・強力粉…225g
・かぼちゃパウダー…25g
・インスタントドライイースト…2g
・塩…4g
・ぬるま湯(30℃)…140g
・アガベシロップ…10g
・パンプキンシード…24粒

作り方

① 強力粉とかぼちゃパウダーをボウルに入れて軽く混ぜ合わせ、インスタントドライイーストと塩、水とアガベシロップを合わせたものを加えて混ぜ合わせます。表面がつるんとしてきたら捏ね上がりです。

丸めてボウルに入れ一回り大きくなるまで1次発酵させます。(普通のパンみたいに2倍になるまで発酵させなくてもいいです)

② 発酵が終わったら生地を4分割してベンチタイムを10分ほどとります。下の写真のように成形してベンチタイムをとるとその後の形がきれいになります。濡れ布巾をかけてベンチタイムです。

③ ベンチタイムが終わったら麺棒で生地をのばして奥側からくるくると巻いていき、とじ目をしっかりと綴じ、片側を潰しておきます。

④ とじ目を下にして丸く輪につなげます。ベーキングペーパーを生地より一回り大きく切ったものにのせて、濡れ布巾をかけて最終発酵を35℃のところで40分とります。

⑤ 発酵が終わる少し前にフライパン又は鍋にお湯を沸かして甘み(今回ははちみつ)を大さじ1入れてベーグル生地を茹でる準備をしておきます。

⑥ ベーキングペーパーごと生地を入れてまず片面1分、ひっくり返して30~40秒茹でます。

⑦ 茹でたら水気をきってベーキングペーパーにのせ、パンプキンシードをのせて180℃のオーブンで13~14分焼成します。

サンドイッチに仕立てて

半分にスライスして鶏モモ肉を塩こしょうで味付けして焼いたものとレタスとサンドイッチに仕立てました。

隠し味はベーグルに塗ったハニーマスタードです。これにお野菜たっぷりのカレー風味のスープを添えて、ランチメニューや朝ごはんにどうぞ。

もちろん、ハロウィンパーティの1品にも。セルフサンドイッチにしてもよいと思いますよ!

「#かぼちゃレシピ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

masayo

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録