アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

今年こそお団子を極める!初心者さん必見♡プロが教える基本のお団子アレンジ

美容学校教員兼スタイリストの野澤琢眞です。ヘアアレンジは種類によって難易度は違いますが、お団子アレンジは比較的に難易度が高いアレンジです。今回はお団子アレンジを可愛く、かつなるべく簡単に仕上げる方法をご紹介します。

目次

お団子アレンジの印象

お団子アレンジは高さがあり、カジュアルでキュートな印象になります。そのため、お団子アレンジはフォーマルな場面よりレジャーやスポーツを楽しむときに最適なヘアアレンジになりますので、場面や服装に合わせて使うようにしてください。

お団子アレンジは髪が長くないとできないと思われがちですが、髪が短い場合でも髪を半分残してハーフアップにすれば作ることができます。ぜひ挑戦してみてください。

お団子アレンジの作り方

それでは早速お団子アレンジの作り方を解説します。今回ご紹介するお団子アレンジは簡単かつ崩れにくいものをご紹介しますので、ぜひお試しください。

① 最初に髪を高い位置でゴムで縛ります。この時高さが下がってしまうと時間が経つにつれてお団子の重みで下がってきてしまいますので、なるべく高い位置で結ぶのを心がけて下さい。

② ゴムで結んだ場所から少し間隔をあけた場所を同じくゴムで縛ります。この時の間隔は髪の長さによって変わります。結んだ髪が長い場合は間隔を広めにし、短い場合は間隔を短めにするようにしてください。

③ ゴムとゴムの間の髪に隙間ををあけて、その中に毛先を通しくるりんぱをします。くるりんぱをした後はしっかりと毛先の髪を2つに分けて左右に引き裂いて締め上げてください。ここで締め上げることで根元が立ち上がり髪に立体感が生まれます。

④ ③の工程と同じように等間隔でもう1度ゴムを縛り、毛先をゴムとゴムの間の髪の間にくぐらせてくるりんぱをして左右に引き裂いて締め上げます。髪の毛がさらに長い場合は同じ行程をもう一度繰り返してください。

⑤ 全体の髪を巻きつけて毛先をピンで固定します。ピンだけでは固定が心配な場合は三角クリップやバッレッタなどを使って2重で固定するようにしてください。最後にお団子部分を立体感が出るように細かく引き出して完成です。

ベースの髪も頭の形を考えながら崩しを入れて、ルーズ感と立体感が出るようにしてください。

お団子アレンジはいかに崩れにくく立体感を出すかがポイントになります。今回のアレンジでは、ゴムを使うことで崩れにくくなり、さらにくるりんぱを使うことで立体感を出しています。

ぜひこの機会にお団子アレンジを極めて、ヘアアレンジ上級者になれるように頑張ってみてください。

「#お団子ヘアアレンジ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

野澤琢眞

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録