アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

気合いの入れすぎはNG!出会いの場で男性にドン引きされちゃう残念あざとメイク5選

美容ライターの遠藤幸子です。面識のない男性と初めて会う時、どんなメイクをしていますか?気合いが入るあまりついつい盛り過ぎたりしてしまうと途端に男性に引かれてしまいます。今回は、初対面の男性を遠ざけてしまうあざとく見えるNGメイクをご紹介します。

目次

女子力アピール全開!ピンクを多用するメイク

女性らしさの象徴ともいえるピンクをメイクで取り入れると、可愛らしい雰囲気に仕上がります。しかし、ピンクも多用しすぎると、狙った感じがしてあざとく見えてしまいます。

ワントーンメイクやツートーンメイクが流行している時でも、ピンクを使用するのは、ひとつかふたつまでのパーツに絞りましょう。

また、ピンクといっても青みの強いものから黄みの強いもの、淡いものからビビットなものまで数種類があります。自分の肌や瞳の色、年齢にマッチしたピンクを選ぶことも大切です。

色気より毒気が!マットな赤リップ

赤も女性らしさを高めてくれるカラーですが、その一方で赤を敬遠する男性は多いようです。

特にマットな質感の赤リップは、人の目を引きやすく、色気を通り越して毒々しく見えてしまうことがあります。注意しましょう。

赤リップを纏いたい時には、透明感のある発色のものを選んだり、ティッシュオフしてからグロスを重ねたりしてツヤを出すなど色や発色の調整をすることが大切です。

盛り過ぎ!フサフサと通り越したバサバサまつげ

程よい太さと長さがあり、美しくカールしたまつげは、目元を印象的に見せてくれます。そのためマスカラの液をたっぷりとまつげに塗る人が多いかもしれませんが、これはNGです。

マスカラの液をたっぷりと塗り過ぎると、ダマになってしまったり、重くなってカールが下がったりすることがあります。そうすると、男性はそっと目をそらしてしまうかもしれません。

マスカラは軽くティッシュオフするか、マスカラを取り出す時に軽くしごくなどして適量を少しずつまつげに重ねるようにしましょう。

イタすぎる!丸く鮮やかに入れたチーク

血色をアップしたり、リフトアップして見せたりする役割を果たすチークは、横顔の主役にもなる重要なアイテムです。しかし、それも可愛さを狙って丸く鮮やかに入れて悪目立ちすると、あざとく見え、男性が引いてしまうことになりかねません!

チークを入れる時は、顔立ちや骨格を意識しながら少しずつ色を重ね、境目をスポンジでぼかし自然な仕上がりになるよう心がけましょう。

また、色選びも重要です。他のパーツのメイクアイテムと相性が良く、自分に似合う色を選びましょう。

もはや色白オバケ!顔だけ白く浮いたベースメイク

初めて会う男性には、少しでもいい自分を見せたいと思いますよね。肌も少しでもきれいに見えた方がいいですし、色が白いと思われた方が得だと思いがちです。

しかし、肌のアラをカバーしようとファンデが厚塗りになったり、首よりも白い色のファンデでメイクすると、顔だけ白く浮いてしまうことに。その状態で夜に出かけたり、室内の照明の下で男性に会うと、まるでオバケのように見えてしまうかもしれません!

肌のアラはコンシーラーなどでカバーしてファンデは薄塗りを心がけましょう。また、ファンデ選びも重要で、色は首の色に合わせ、自然なツヤを宿した仕上がりになるものを選ぶのがおすすめです。

いかがでしたでしょうか。今回は、初対面の男性を遠ざけてしまう、あざとく見えるNGメイクをご紹介しました。当てはまるものがあれば今すぐに見直してくださいね。

「#NGメイク」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録