アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

子どもに粉薬を飲ませたい!ママが試行錯誤して成功した方法とは!?

皆さんのお子さんはお薬を飲んでくれますか?今回は風邪などで子どもに粉薬を飲ませたい時にスムーズに飲んでくれるよういろいろ工夫してみた時のお話です。

目次

風邪の季節、気を付けていても…

寒い時期は空気が乾燥しているせいもあって、どうしても風邪をひきやすくなってしまいます。

子どもが小さい頃は、熱を出されるのが怖くてかなり気をつけていたつもりなのですが、それでも風邪をひく時はひいてしまいます。

かかりつけの小児科で診察後、薬を処方してもらうのですが、この薬を飲ませるのにあの手この手でなかなか苦労しました。

お薬だんごとは?

育児雑誌のふろくの冊子に子どもの薬の飲ませ方がいろいろ載っていたので、それを参考にしてまず最初にやってみたのが「お薬だんご」です。

粉薬に水を一滴たらし、練っては一滴たらすという要領で少しずつ練り上げておだんご状に丸め、子どもの内頬におだんごを塗り付けてから白湯などを飲ませる、というやり方です。

冊子には小さいおだんごが載っていて、(これならどさくさ紛れにさっと飲ませられるかも?)と思った私は張り切って粉薬と水とスプーンを用意して挑戦してみました。

なんか違う…

粉薬を皿に入れ、水を慎重に一滴たらし、注意深く練っていきました。水が多すぎるとおだんごにならないからいけないと思って細心の注意を払って練り上げたおかげか、うまくお薬だんごを作る事ができました。

それはいいのですが、冊子に載っているお薬だんごと比べて私が作ったおだんごは3倍くらい大きかったのです。これを子どもの内頬に塗り付けたらきっとすごい違和感を感じて泣いて嫌がるに違いありません。

だからといって、お団子を3つに分けて…となると、難しい作戦を3回も立て続けに成功させなければならないわけで、どうしようか途方にくれてしまいました…。

結局間をとって(何の?)おだんごを2つに分けて挑みましたが、最初の一個ですら警戒されてしまってうまくいきませんでした。

チョコレートソースはどうか?

抗生物質はどうしても苦みがあるので濃い味のチョコレートソースに混ぜて、ビスケットに塗って与える、という手も試してみました。

かなり苦労して作り上げたチョコサンドビスケットでしたが、ひとかじりしかしてくれません。薬を全部飲んでもらうにはビスケットを全部食べてもらわないといけないので、ただでさえあまり食欲がない時にこのやり方はうまくいきませんでした。

服薬用ゼリーは?

そこで子ども用の服薬用ゼリーを試してみました。

やはり専用に作られているだけあって、この方法が一番うまくいきました。それなら、と思って子どもの好きなフルーチェで試してみたら、さらにすんなり飲ませる事ができました。

それ以来、子どもが風邪をひいている時は冷蔵庫にフルーチェがある、という状態になりました。うちの子の場合、ゼリーよりミルク風味のフルーチェの方がスプーンの中で薬をサンドしてあるのがわかりにくかったようです。

結局、これだ!という方法が見つかるまで試行錯誤してしまいましたが、合う方法が見つかるとかなり気が楽になるのでいろいろ試してよかったと思います。

薬によっては混ぜてはダメなものがありますので薬剤師さんに必ず確認してください

「#4コママンガ」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

中島めめ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録