アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【保存版!後れ毛ルール】いまさら聞けない!アレンジの後れ毛どこをだせばいい?

美容師のmaimaiです。ヘアアレンジをする時にポイントになってくる「後れ毛」。なんとなく出していたけれど、あれ?出しすぎた?どこを出すの?なんて疑問も多いはず。実は後れ毛にもルールがあります!今回はまず後れ毛の基本を学び、そしてアレンジをもっと楽しめるようになりましょう!

目次

後れ毛ってなんで出すの?

後れ毛を出すことで、ヘアアレンジはもちろん、自分自身をより華やかに魅せることができます。

また、上手に出せれば小顔効果にも!

今回は私自身をモデルに写真を撮りました。後れ毛でどのように印象が変わって、華やかになるのか。後れ毛なしの写真と見比べてみて下さい。

そしてご自身のアレンジに取り入れてみてくださいね!

後れ毛なし

後れ毛なし・前髪は巻いただけ・後ろはポニーテール。シンプルなタートルネックを着ていることもあり、少し寂しい印象です。後れ毛の効果が分かるようにピアスはつけていません。

ここから後れ毛を出していきます。より分かりやすくするため、26mmのコテでしっかり巻いていきます!

後れ毛の量

難しいのが後れ毛の量感。

重たい印象になるので多すぎは厳禁。少なめで取ってみて、少しずつ増やす方法がおすすめです。

鏡を見ながら、後れ毛をどれだけ出すのが自分の顔にベストなのか研究が必要!必ず最適な後れ毛の量が見つかります。

ここは努力!(現在、少なめの前髪が流行なこともあり、後れ毛の毛束も少なめでも可愛いです。今回私は普通の量で写真を撮りました。)

後れ毛【フロントサイド】

まずはフロントサイド=前髪のすぐ横の髪の毛。

ここは外巻きがおすすめ。顔周りに奥行きを感じさせるためです。

後れ毛【こめかみ】

次はこめかみ部分を出す後れ毛。

ここの後れ毛を出すのが1番小顔効果が期待できます!内巻きであご周りを引き締まった印象にしましょう。

後れ毛【もみあげ】

もみあげ部分を後れ毛として出しました。耳の近くと言うこともあり、1番華やかでアクセサリー効果が期待できます。

この服に合うピアス見つからない!ってときにここの後れ毛を出して、アクセサリー代わりにするのもおしゃれです♡内巻きがおすすめです。

後れ毛【えり足】

首を細く長く魅せることの出来る、えり足の後れ毛。

また、もみあげの後れ毛と同様に首元が寂しい時などにアクセサリーの代わりとして顔周りを華やかにしてくれます。

ここも内巻きがおすすめです♪

基本の後れ毛4種

以上が基本の後れ毛4種類です。

今回ロングヘアで分かりやすいようにしっかり巻いて後れ毛を出しましたが、他の長さでももちろんルールは同じです。

短めの長さの場合では、コテではなくストレートアイロンで少しだけ毛先を巻いたり、波ウェーブにするのもおすすめです。

後れ毛の巻き方、組み合わせ後れ毛の巻き方…。とりあえず巻けば可愛いでしょ!というのも間違いではありません。しかし、より小顔に魅せて、可愛く魅せる巻き方もあります。

後れ毛は2種類ほど出すとより効果を発揮します。基本的に2種類出したうちの上側に位置する毛束を外巻きに、下側の毛束を内巻きにすると顔まわりに奥行きが生まれてより素敵に見えます。

もちろんこれが全てではありません!後れ毛ルールをマスターすると、この巻き方どうかな?ここも後れ毛にしようかな?とアイディアが浮かぶはず!もっと最高の組み合わせが見つかるかもしれません!

後れ毛の組み合わせ

2種類の後れ毛の組み合わせ【フロントサイド×こめかみ】1番万能でどんなファッションにも、どんなアレンジにも合わせやすい後れ毛です。

フロントサイド→内巻き、こめかみ→外巻き最も小顔効果の期待できる巻き方、そして後れ毛の出し方です。

後れ毛マスターになってヘアアレンジをもっと楽しく!

いかがでしたか?

後れ毛をマスターすれば、よりヘアアレンジが楽しくなります。

そして自分をより素敵に魅せることができます。まずは基本ルールを覚えて、自分だけに似合う後れ毛ルールも探してみて下さいね♡

「#おくれ毛」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

maimai

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録