アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

簡単!ロングヘアの印象チェンジ!大人女子にこそ試してほしいポニーテールアレンジ♡

美容学校教員兼スタイリストの野澤琢眞です。手を加えなくてもサマになるロングヘアですが、いつも下ろしていると自分のヘアスタイルにマンネリしてきませんか?そんな時はサッとひと手間加えて全体の印象をガラッと変えてみるのはいかがでしょうか?今回は髪の長い大人女子におすすめの簡単ヘアアレンジをご紹介します。

目次

大人でも使えるポニーテールアレンジ

大人女子にこそ試していただきたいポニーテールアレンジ!

ポニーテールはミディアムからロングヘアの方まで幅広く活用できるアレンジですし、覚えておくとON/OFF問わず、様々なシーンで使えると思います。

今回は、周りと差がつくポニーテールアレンジをご紹介します。

簡単!ポニーテールアレンジ

① まずはベースとなる後頭部の髪の毛を数回、形を考えながら編み込み、毛先をゴムで縛ります。

ポイント

この時の編み込みの形はやや楕円形にして後頭部の形が綺麗に見えるようにするのがポイントです。

② 両サイドの髪をねじって、先ほど作った編み込み部分でゴムを結びます。先ほど作った編み込みとの間に隙間ができないようにつめて結ぶのがポイントです。

ポイント

ここの部分はたるみができやすいのでしっかりとねじり、ゴムもなるべく強く結ぶようにして下さい。

③ 残った襟足の部分も2つに分けてねじってから②で結んだ毛先の上でゴムを縛って下さい。

ポイント

ここも同様にたるみが出やすい部分です。セルフでやる場合は下を向かず顔を上げて結ぶとたるみが出来にくいのでお試しください。同様にここもなるべくしっかりとゴムで縛るようにして下さい。

④ ここで、全体の髪を大きめの飾りゴムでまとめます。この時にまとめる高さが高いほどカジュアルな印象で、低いほどフォーマルな印象になりますので、TPOに合わせて高さ調節を行って下さい。

⑤ 頭の形を考えながら全体を崩していきます。特に最初に作った編み込みの部分は後頭部に奥行きが出るようにしっかり後ろ方向に引き出してバランスをとって下さい。

ポイント

一度に引き出す量をなるべく少なくすると、綺麗に毛束が引き出されて立体感を出す事が出来ます。

⑥ 最後に残った髪をアイロンを使って巻いていきます。

この時、コテでランダムなカールを作るとよりゴージャスな感じに出来ますが、大人ポニーテールの場合はアイロンを使って大きめの波ウェーブをあてるのがおすすめ。大人の女性でも普段に使えるシンンプルで上品な印象を与えるポニーテールができます。

いかがでしたか?

最終的に仕上がったスタイルを見るとなかなか難しそうに見えますが、プロセスを紐解いていくとそこまで難しい行程ではありませんので、ぜひ練習して使えるようにしてみて下さい。

これらの方法を応用すればまとめ髪も簡単に作る事ができますので、ぜひお試しくださいね。

「#ポニーテール」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

野澤琢眞

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録