アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

イルミネーションデートに最適なヘアアレンジ

冬といえば、イルミネーションです。各地の様々な場所で開催されている、イルミネーションイベントに出かける方は多いと思います。今回はそんな時に最適な、ファッション、ヘアスタイルをご紹介したいと思います。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

外のデートはロングコートで!!

イルミネーションはもちろん、野外の場合がほとんどです。かなりの冷え込みが予想されます。しかし、防寒もしっかりしながらお洒落を楽しみたいですよね。

ロングコートは、しっかりと寒さをしのぎながらお洒落にコーディネートを楽しむ事ができます。

ロングコート自体に保温性が高いので、インナーはなるべく着膨れしないようにタイト目のシルエットを心がけるといいでしょう。

特に最近では、ヒートテックなどの薄くて保温性の高いインナーがありますので、冬場は何枚か用意しておくといいでしょう。

ヘアアレンジは寒さをしのげるハーフアップを

今までご紹介してきたヘアアレンジは、アップスタイルのものが多かったですが、冬は何しろ寒いです。寒い時、髪の毛を完全に上げてしまうとさらに寒くなってしまいます。

そこで今回は、そんな寒い時期に最適な「ハーフアップ」をお洒落に可愛く見せる方法をご紹介します。

 

プロセス解説

①~②後頭部の部分を編み込みゴムでしばります。この時のゴムはきつく締めすぎないように注意して下さい。(きつく結びすぎると崩せなくなります)

③~④サイドの髪をねじりながら真ん中に持っていきます。反対側のサイドの髪もねじって真ん中に持っていき二つをゴムで縛ります。

⑤結んだ部分を頭の形を考えて程よく崩します。(後頭部は奥行きを出すように、トップは高さを出して潰れを隠します)

⑥残りのおりている髪の毛は、長さに応じて形をつけ、リボンで結びます(ロングの場合は単純にコテでランダムに巻きます。髪の毛が短い場合はストレートアイロンで波状に巻きます)

ハーフアップで気をつけること

ハーフアップでよくやってしまう失敗は、ゴムを結ぶポイントが上すぎて、ヘアアレンジが頭に乗ってしまっているような形になってしまうことです。この失敗を防ぐためには、一つ目のゴム結びをなるべく下(ぼんのくぼという後頭部にある凹んだ部分の1センチ上あたり)で結ぶとよいでしょう。

それと、もう一つ気をつけるポイントですが、1つ1つのパーツに隙間ができてしまうと地肌が見えて可愛くありません。真ん中の髪とサイドの髪をなるべく近づけて結ぶことと、最後に崩す時に、それぞれのパーツの隙間を埋めるようにして崩しバランスをとります。

まとめ

季節に応じたファッションとヘアスタイルを学んで練習することで、春夏秋冬の色々なコーディネートを楽しむことができます。服装は、各ブランドがトレンドを発信しいわば受け身の市場でありますが、ヘアアレンジはその時に合ったスタイルを自分自身で作り上げることができます。

毎回のデートに合わせたスタイルを考えて楽しむことこそが、ファッションの醍醐味といえるでしょう。



執筆者:野澤琢眞



5

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録