今日の晩御飯なんにしよう…を解決!全部10分でできる!夏の1週間おかずアイディア

更新日:2021年6月18日 / 公開日:2020年5月4日

「今日の晩御飯はどうしよう…?」毎日のごはん作りに悩んでいる方も多いはず。ぱぱっと作れるものを選んでいると、つい似たり寄ったりなメニューになることも…。そこで今回は悩める家庭料理人に代わって、夏にぴったりの1週間分の晩御飯のおかずメニューをご提案します!どれも10分程でできる簡単レシピなので、ぜひ参考にしてみてください。

【月曜日】火を使いたくない夏にぴったり!レンチン5分で完成!肉巻きトマトのピリ辛香味だれ

憂うつな月曜日は、火を使わない簡単レシピで♪トマトをお肉で巻いたら、あとは電子レンジにお任せ。ピリ辛のタレでご飯も進みますよ。

ピリ辛香味だれの材料(作りやすい分量)

・ネギ15~16cm
・にんにく…1/2かけ(縦半分を使います)
・しょう油…大さじ2と1/2
・砂糖…大さじ1
・酢…大さじ1
・ごま油…小さじ2
・あらびぎ赤唐辛子(または輪切り赤唐辛子)…適量

ピリ辛香味だれの作り方

① ネギは、みじん切りにする。 (ネギをまな板に横になるように置いたら、包丁の先を使って横に2mmほどの幅に切れ込みを入れた後、縦に2mm位の幅で切ると、簡単にきれいなみじん切りが出来ます。)

② にんにくは、包丁の腹を当て、上から押さえて潰す。

③ ①と②をボウルに入れる。

④ 残りの材料を加え、よく混ぜたら出来上がり。

調味料と材料を混ぜるだけの簡単なタレですが、冷蔵庫で3~4日間保存が可能なので、少し多めに作り置きしておくと便利です。

肉巻きトマトのレンジ蒸しの材料(2人分)

・トマト…1個半
・豚ロース薄切り肉…12枚(1枚20g前後、全部で240~250gくらい)
・塩…少し
・青じそ…5~6枚

肉巻きトマトのレンジ蒸しの作り方

① トマトは、縦8等分のくし切りにする。

② 豚ロース薄切り肉を広げたら、軽く塩をふって下味を付ける。

③ 上にトマトを乗せて巻いたら、重ならないように耐熱容器に並べていく。

④ ラップをして、電子レンジ600wで4分半加熱する。加熱しきれていない場合は、10秒ずつ様子を見ながら加熱する。 (豚肉の厚さによって、電子レンジの加熱時間を調節して下さい。)

⑤ 青じそを細切りにし、上に乗せ、「ピリ辛香味だれ」をかけたら出来上がり。

豚肉は、ロースでもやや脂のあるしゃぶしゃぶ用を使いました。脂が少なめのロースだと少し固くなりがちですが噛み応えのあるさっぱり系に。反対に脂の多いバラ肉だとこってりしますので、お好みの薄切り肉を使ってください。

【火曜日】フライパンひとつでOK!海老とトマトのふんわり卵炒め

火曜日は簡単に作れて、おいしい卵料理はいかがでしょうか。

ぷりぷりの海老とほど良い酸味のトマトに、ふわっと炒めたスクランブルエッグが絡んだ、シンプルなのにお箸が止まらない1品です。

材料(2~3人分)

・小海老…10~12尾(130~140g)
・卵…4個
・トマト…大1個(200gくらい)
・にんにく…1かけ
・マヨネーズ…大さじ1
・スイートチリソース…大さじ2
・顆粒鶏ガラスープ…小さじ1/2
・塩…適量
・ブラックペッパー…適量
・イタリアンパセリなど…適宜
・炒め用油…小さじ2

準備

・トマトは、ヘタを取り除いたら、8~10等分のくし切りにし、更にそれを横半分に切る。
・海老は、殻を剥いて、楊枝などを使って背ワタを取り除いたら、一度洗う。
※水2カップに片栗粉大さじ1~2(分量外)を溶き、その中で海老を洗うと、汚れや臭みが取れます。使う前に流水で洗います。剥き海老を使う場合は、必要ないのでそのまま使って下さい。

作り方

① ボウルに卵を割り入れて、泡だて器で溶いたら、マヨネーズを加えてかき混ぜる。(完全に混ざり切らなくても、マヨネーズが小さい粒状態になれば大丈夫です。)

※ふんわり卵のポイントは、マヨネーズです!マヨネーズの油分が卵に混ざってふわっとした食感に仕上がるのと、出来上がりにコクを出してくれます。

② 熱したフライパンに炒め用油をひき、①を流し入れたら、菜箸で縁から中央に向かって輪を描きながら混ぜる。

③ 半熟のスクランブルエッグになったら、火を止めて、一旦、取り出しておく。

④ 同じフライパンにみじん切りにしたにんにくを香りが出るまで炒めたら、海老を加えて7~8割ていど火を通す。(油が足りない時は、足して下さい。)

⑤ トマトと顆粒鶏ガラスープを加えて、トマトが温まったら、③を加える。

⑥ スイートチリソースを加えたら、卵を軽く崩す。

⑦ 塩とブラックペッパーで味を調えたら、皿に盛り付ける。

⑧ お好みで、イタリアンパセリを飾って出来上がり。

パクチーや小ねぎを散らしても、美味しく頂けますよ!

【水曜日】食欲がない暑い日には青じそでさっぱり!茄子と豚こまの甘辛スタミナ炒め

ちょっと疲れてくる水曜日は、甘辛のスタミナおかずで元気をチャージ!

香ばしいにんにくしょう油の風味が食欲そそる茄子と豚こまのおかずです。フライパンひとつで、ささっと炒めるだけの時短レシピですよ。

材料(2~3人分)

・豚こま…200g
・玉ねぎ…1/4個
Aしょう油…大さじ1と1/2
Aみりん…大さじ1
Aきび砂糖…小さじ1/2
Aすりおろしにんにく…1かけ分
・茄子…2本
・米油…大さじ1(またはお好みの油)
・塩…ひとつまみ
・青じそ…3~4枚
・刻み赤唐辛子…適量

準備

・玉ねぎは、細切りにする。
・茄子は、乱切りにし水にさらして、ザルにあげておく。
・青じそは、千切りにしておく。

作り方

① ボウルに材料Aを入れて混ぜ合せ、豚こまと玉ねぎを加えて、そのまま置く。

② フライパンに米油をひき、中弱火で茄子と玉ねぎを炒め、塩をふって下味を付ける。

③ フライパンにスペースを作り、①を広げるように入れる。

④ そのまま1~1分半ほど焼き、色が変わってきたら裏返しながら炒め、全体を混ぜながら火が通るまで炒める。

⑤ 火を止めて、青じその半分を加えて和えたら皿に盛り、残りを中央に乗せる。お好みで赤唐辛子を振りかけたら出来上がり。

豚こまが大きい時は、食べやすい大きさに切ってくださいね。

【木曜日】野菜ジュースとチョリソのマカロニ&チーズ

木曜日はみんな大好きなマカロニ料理を♪今回はマカロニを別で茹でる必要もなし!フライパンひとつでできるレシピをご紹介します。

材料(2人分)

・ファルファッレ…80g
・チョリソ…小3本(ソーセージでも可。)
・にんにく…1かけ
・玉ねぎ…1/4個
・ケッチャップ…大さじ1
・顆粒ブイヨン…2g(1/2袋)
・水…100ml
・野菜ジュース…150ml
・生クリーム…100ml
・モッツァレラーチーズ…90~100g(ピザ用チーズでも可)
・コーンスターチ…小さじ1
・オリーブオイル…小さじ2~3
・ブラックペッパー…適量
・刻みパセリ…適量

作り方

① フライパンにオリーブオイル、にんにくのみじん切り、玉ねぎの薄切りを入れて火を点け、にんにくの香りが立ち、玉ねぎが半透明になるまで中火で炒める。

② ケチャップを加えてさっと炒めたら、ファルファッレを入れて混ぜ、水、野菜ジュース、顆粒ブイヨンを入れてぴったりとフタをする。鍋肌が沸々してきたら、弱火にする。

③ 10~12分または、柔らかくなるまで煮る。途中で輪切りにしたチョリソを入れ、かき混ぜる。(水分が無くなってしまったら、少しずつ足して下さい。多い時は、フタを開けて水分を飛ばします。)

④ モッツァレラチーズは小さく切り、コーンスターチを加え、コーティングするようにまぶす。

⑤ ファルファッレが柔らかくなったら、生クリームと4を入れて、チーズが溶けるまで混ぜる。

⑥ 仕上げにブラックペッパーを振り入れ、皿に盛る。刻みパセリを散らして出来上がり。

簡単にできるアメリカンなB級グルメです。付け合わせにサラダやスープを用意すれば、栄養バランスも良くなり、お食事としても十分ですよ!

【金曜日】夏と言えば…やっぱりこれ!れんこんとサバ缶の10分カレー

そろそろ買い置きの材料がなくなってきた金曜日は、缶詰を活躍させてみて。煮込まずに簡単にできる、れんこんとサバ缶のカレーレシピです。

材料(2人分)

・サバの水煮缶詰…1缶(180~190g)
・れんこん…140~150g
・トマト…大1個
・カレールウ…40~45g
・玉ねぎ…1/2個
・にんにく…2かけ
・生姜…1かけ
・しょう油…小さじ1
・ケチャップ…小さじ2
・ブラックペッパー…適量
・水…150ml~適宜
・ごはん…2膳分
・ガラムマサラ…適量
・刻みパセリ…適量
・オリーブオイル…適量

準備

・れんこんは皮を剥き、半月の薄切りにしたら、さっと水で洗い流して水気を切る。
・にんにくと生姜は、それぞれみじん切りにする。
・玉ねぎは細切りに、トマトは1~2cmの角切りにしておく。

作り方

① フライパンにオリーブオイル、にんにく、生姜を入れたら火を点け、香りが出てきたられんこんを加える。

② 中弱火で炒め、表面が半透明になってきたら、玉ねぎを加えて更に炒める。

③ しんなりしてきたら、サバ缶、トマト、しょう油、ケッチャップを加える。

④ カレールウと水を加え、溶かしながら炒める。サバは、食べやすい大きさに崩す(水分が足りない時は、様子を見ながら少しずつ水を足して下さい。固形ルウを使う場合は、刻んでおきます)。

⑤ ブラックペッパーを足したら、ご飯と一緒に盛り付ける。

⑥ ガラムマサラと刻みパセリを振りかけたら、出来上がり。

ガラムマサラは、ピリ辛のカレー風味のミックス調味料です。香りが飛びやすいので食べる時に振りかけるか、火を止める直前に入れます。ガラムマサラを使うと、グッと美味しくなりますので、ぜひ使って下さいね!

【土曜日】レンジで簡単!豆腐チーズフォンデュ

ゆっくり呑みたい週末は、魅惑のとろけるチーズフォンデュを♡チーズの半分をお豆腐に代えた、ヘルシー&電子レンジで作れる簡単レシピです!

材料(5~6人分)

・絹ごし豆腐…150g
・シュレッドタイプのチーズ…150g
・コーンスターチ…小さじ2
・にんにく…1個
・ナツメグパウダー…ほんの少し
・ホワイトペッパー…ほんの少し
・塩…適量

作り方

① 耐熱容器にシュレッドタイプのチーズを入れる。

② にんにくは、皮を剥き、縦半分に切って包丁の腹で潰したら、①に加える。

③ コーンスターチとナツメグパウダー、ホワイトペッパーを加えたら、チーズがまんべんなくコーティングされるように混ぜる。

④ ボウルに絹ごし豆腐を入れ、滑らかになるまでミキサーやフードプロセッサーで撹拌し、③に加える(無い場合は、ザルなどを使って2度濾して下さい)。

⑤ ふわっとラップをして、電子レンジ600wで1分半ほど加熱したら、一度取り出して混ぜ、再び1分半ほど加熱する(チーズが溶け切らない場合は、様子を見ながら10秒ずつ加熱して下さい)。

⑥ にんにくを取り出し、味見をして、塩気が足りない場合は塩を足して、出来上がり。

フォンデュポットが無くても、ホットプレートの上に乗せておけば保温できます。また、他の容器に移し替える時は、容器を温めておくと良いと思います。冷めてしまったら、再び電子レンジで温めなおします。

水分が少ない時は、白ワインや牛乳を加え、調節して下さい。

食べている途中で、粗めのブラックペッパーを振りかけたり、レモン汁を少し加えると味の変化も楽しめますよ。

おすすめの具材

なんと言っても外せないのは、パンです♪正統派のチーズフォンデュは、チーズを味わうための料理ですから、シンプルにパンと合わせます。

定番のブロッコリーの他、カリフラワーやいんげん、海老、ソーセージも美味しいですね。他にも、アボカドと竹輪の組合せもオススメです!

豆腐チーズフォンデュソースは、色々な具材と相性がいいので、お好みのものをご用意して楽しんでみて下さいね!

【日曜日】野菜ジュースでお手軽ポークストロガノフ

日曜日は10分でできるのに豪華見えする簡単煮込み料理なんていかが?

ご飯にかけても良し!パンを添えても良し!パスタに絡めても良し!豚肉を使ったクリーミーな万能おかずです。多めに作って、次の日のランチにもおすすめですよ。

材料(2~3人分)

・薄切り豚肉…200~220g
・ぶなしめじ…1/2株
・マッシュルーム…4~5個
・しいたけ…2~3個
・玉ねぎ…1/2個
・にんにく…1かけ
・野菜ジュース…100ml
・生クリーム…100ml
・顆粒ブイヨン…2袋(8g)
・オリーブオイル…適量
・バター…10gくらい
・塩…適量
・ブラックペッパー…適量
・刻みパセリ…適量

準備

・豚肉は食べやすい大きさに切り、軽く塩とブラックペッパーを振り下味を付ける。
・ぶなしめじは、石づきを取りばらす。
・マッシュルームとしいたけ、玉ねぎは、薄切りにする。
・にんにくはみじん切りにする。

作り方

① 熱したフライパンにオリーブオイルをひき、玉ねぎを入れてしんなりするまで炒める。

② にんにくときのこ類、バターを加え中火でしんなりするまで炒める。

③ フライパンに半分のスペースを作り、豚肉を加えて表面が、白っぽくなるまで炒める(完全に火を通さなくても大丈夫です)。

④ 野菜ジュース、生クリーム、顆粒ブイヨンを加えかき混ぜる。

⑤ 沸々してきたら火を弱め、塩とブラックペッパーで味を調える。

⑥ 皿に盛り、刻みパセリを散らして出来上がり。

水の代わりに野菜ジュースで煮込めば、栄養も取れ、美味しさもアップします。野菜ジュースは、果物が入っていない野菜100%のジュースがおすすめです。

キノコは、一種類より数種類を一緒に使うと旨みが倍増するので、お好みのキノコを2~3種類使ってみて下さい。

今回は10分でできる1週間分の晩御飯メニューをご紹介しました。ぜひ日々のごはん作りに役立ててみてくださいね!

【番外編】デザートだって10分で!晩御飯の後に食べたい絶品スイーツ

ここからは美味しい晩ごはんの後に食べたい、10分で作れるデザートレシピをご紹介します!

さっぱり美味しい!ココナッツミルクとスイカのスムージー

夏の暑い日のデザートにさっぱり美味しいスイカのスムージーはいかが?

材料(2人分)

・冷凍スイカ…400g
・ココナッツミルク…200ml
・はちみつ…小さじ2

作り方

① ブレンダーまたはミキサーに全ての材料を入れ、滑らかになるまで撹拌する。

② グラスに注ぎ、お好みでミントの葉を飾って、出来上がり。

砂糖不使用なのにおいしい!ブルーベリーと小松菜の酒粕スムージー

ブルーベリーのアントシアニンとポリフェノール、生の小松菜からは、β-タカロテンと酵素が摂取でき、アンチエイジングにもなる女子に嬉しいデザート!

材料(2人分)

・冷凍バナナ…大1本(可食部160~170gを半分に分けて使います。小さめなら2本用意します。)
・酒粕…30g(半分に分けて使います。)

A冷凍ブルーベリー…60~70g
A牛乳…150ml

B小松菜…30~40g
B牛乳…100ml

C輪切りキウイ…4枚
C冷凍ブルーベリー…適量
Cエディブルフラワーなど…適量

作り方

① ミキサーに、冷凍バナナ1/2本と酒粕の半分、材料Aを入れたら滑らかになるまで撹拌し、グラスに注ぐ。(注ぐ前に輪切りキウイ1枚をグラスの内側に張り付けておくと、出来上がりが写真のようになります。)

② 洗わず、そのままのミキサーに残りの冷凍バナナ1/2本と酒粕の半分、材料Bを入れ撹拌したら、①の上に注ぐ。材料Cを飾って出来上がり。

レンジで10分!万能!バナナジャム

濃厚なバナナにレモンの爽やかな酸味を効かせたジャムは、パンに塗っても、牛乳や豆乳に混ぜてドリンクでも楽しめます。

材料(作りやすい分量)

・バナナ…2本(正味200g)使用するバナナは、スイートスポットが出来始めた完熟がおススメです。
・砂糖…大さじ2と1/2
・レモン果汁…大さじ1

作り方

① バナナは皿や耐熱容器に乗せ、皮ごと電子レンジ600wで2分半から3分温める。(※皮が黒くなり、中身が沸々するまで時間を調節しながら温めて下さい。煮えてくると皮に亀裂が入ります。時間はバナナの熟し度合いによって変わります。)

② 皮を剥いて、耐熱容器に移す。出てきた水分も一緒に入れる。

③ 砂糖とレモン果汁を加え、フォークを使って潰す。

④ 電子レンジ600wで、ラップをせずに1分半から2分温める。取り出してかき混ぜたら、出来上がり。(※吹きこぼれないよう、大きめの耐熱容器で温めて下さい。水分が多いようなら、様子を見ながら再度加熱します。)

バナナジャムで簡単!プリン風バニラカスタードのパルフェ

バナナジャムを作っておけば、こんなにおしゃれなデザートも晩ごはんを食べた後に10分で作れちゃう!

材料(4~5個分)

A卵黄…2個
A砂糖…大さじ2と1/2
Aコーンスターチ…大さじ2
Aバニラビーンズ…3~4cm(バニラエッセンスでも可)

・牛乳…300ml
・バナナジャム…大さじ4~5またはお好みの量
・グラノーラやミューズリーなど…適量
・バナナ…1本(あれば)
・ホイップクリーム…適量(あれば)
・ミントの葉…適量(あれば)

作り方

① 小鍋に材料Aを入れ、泡だて器でかき混ぜ、続けて牛乳を2回に分けて入れる。※バニラビーンズは、さやに切れ込みを入れて広げたら、タネを包丁でこそげ取ります。

② 中弱火で1~2分またはとろみが付くまで温める。※温まってくるとすぐに固まり始めるので、この間は、絶えず泡だて器でかき混ぜます。カスタードクリームくらいの固さを目安にします。

③ 容器に移し、粗熱を取って冷やしておく。(冷めてくると、粗熱が取れた時点で、プルプルのプリンのように固まります。)

④ グラスにバナナジャムを入れ、その上に薄切りにしたバナナを重ね、グラノーラ、③をスプーンですくって順に乗せていく。

⑤ お好みでホイップクリームを乗せ、薄切りバナナとミントの葉を飾って出来上がり。

ワンボウルで焼くまで10分!ホットケーキミックスで作る♡りんごと人参のパウンドケーキ

こちらは10分では完成しませんが、焼くまではたったの10分!晩ごはん前に仕込んでおいて、食べている間に焼いておけば、食後のデザートに!

材料(18cmパウンドケーキ型1台分)

生地
A)ホットケーキミックス…150g
A)人参…80~90g(大きめ1/2本くらいです)
A)卵Mサイズ…2個
A)砂糖…40g
A)有塩バター…80g
A)シナモンパウダー…小さじ1/2~1
A)牛乳…小さじ2~3※

トッピング
B)りんご…1/2個
B)くるみ…20~25g
B)砂糖…小さじ1/4

作り方

A)生地を作る。
① ボウルに卵を割り入れ、砂糖を加えたら、泡だて器でしっかり混ぜる。

② 人参は、すりおろして加える。

③ 有塩バターは、電子レンジ600wで30~40秒または溶けるまで加熱してから加え、ゴムベラで混ぜる。

④ ホットケーキミックスとシナモンパウダーを加えたら、切るようにさっくりと混ぜる。

⑤ 生地の様子を見ながら、牛乳を加える。
ポイント
・生地は、ゴムベラですくい上げた時に、ゆっくりとぼとっと落ちるくらいの状態にします。
・すりおろし人参の水分や、卵の大きさで生地の固さが変わるので、少量の牛乳を加えて調節します。

⑥ オーブンシートを敷いたパウンドケーキ型に流し入れ、10~20cmほどの高さから数回下に落として、生地の中の空気を抜き、平らにする。

⑦ オーブンを180℃にセットする。

B)トッピングを乗せる。
⑧ りんごは、皮をむき、芯を取ったら、4等分にし、更に、4~5等分または5mmほどの厚さになるよう薄く切る。

⑨ ⑥の生地の上に、りんごの下1/3位の高さを沈めるように、挿しながら並べていく。

⑩ 隙間に粗く刻んだくるみをちりばめ、りんごの上に砂糖を振る。

⑪ オーブンで40~45分、竹串を挿して何も付いてこなくなるまで焼く。(焼き時間は、お使いのオーブンにより調節してください。)

⑫ 手で触れるくらいになったら、型から出して冷ます。完全に冷えたら、お好きな大きさに切り分けて。



この記事の著者

ログイン・無料会員登録