アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

セリアにある意外なモノでマスクが作れる!縫わないから簡単!使い捨てなのに高コスパなマスク

まだまだ手に入りにくいマスク。入手するのに苦労されている方も少なくないと思います。今回は、セリアの意外なアイテムを使って簡単に作れるマスクの手作りレシピをご紹介します。縫わないから簡単。使い捨て出来るから衛生的。おうち時間にぜひチャレンジしてみてくださいね。

目次

セリアのアイテムで手作りマスク

手作りマスクで使用するのはセリアで売っているコードホルダー。名前の通り、本来は、コードやケーブルを束ねるためのものですが…

キッチンペーパーと組み合わせることでマスクのように使えるんです。キッチンペーパーを折るときは手を洗って清潔にしてから作業を始めてくださいね。それでは早速作っていきましょう♪

セリアのコードホルダーでマスクの作り方

① キッチンペーパーやダスターを2枚重ねて半分に折りたたみ、左右からジャバラ状に折りたたんでいきます。

※この時折り目をきちんとつけ、ひだは細かめに作ると仕上がりがキレイになります。

断面図を参考にひだを作るイメージで折りたたんでください。

② 両端をそれぞれ2か所ほどホチキスでとめてください。

③ キッチンペーパーが2層になっているところに、コードホルダーのホックを差し込みます。

キッチンペーパーの場合は事前に穴を開けなくてもそのままとめられます。ダスターの場合は釘、アイスピックなどで穴をあけてください。

④ 手持ちのゴムをコードホルダーに差し込みます。ゴムの長さはコードホルダーをとめる位置、ゴムの伸縮性によって調整してください。

⑤ キッチンペーパーの形を整えて完成。

こちらはダスターバージョン

市販品のマスクと比べると通気性が少し劣るものの、そこまで息苦しさは感じません。何よりこのキッチンペーパーマスクのメリットは、口を覆う部分だけ使い捨て出来ること。1度使ったら捨てられるので衛生的です。

医療用マスクとは異なり、ウィルスを防ぐことはできませんが飛沫を拡散することを防げます。筆者は顔に直接飛沫がかかるのを防いだり、顔を触ってしまうのを防ぐ目的で使用しています。

今回はセリアのコードホルダーを使ったマスクの作り方をご紹介しました。針を使わないので誰でも簡単に作れます。マスクが手に入らずお困りの方はぜひ作ってみてくださいね。

「#STAYHOME」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

しほの

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録