アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

子どもがいたら保険の見直しも大変!?ポイントは○○しすぎないことでした!

保険の見直し、窓口まで行くのが大変だと思っていたら、無料で訪問していただけました。

目次

結婚を機に入った保険

私は結婚してしばらくした頃に、夫が入っている総合型の保険に家族として加入しました。

保険の事はよく分からないし、勧められるれるがままに入ったため、特になんとも思っていませんでした。

そんなある日、我が家に保険の更新の案内が届き、私は分からないなりに一通り目を通してみました。

夫は更新型の総合保険に入っていて、契約から5年毎に更新を繰り返していくタイプの保険でした。

私が気になったのは、更新するたびに保険料がかなり上がってしまうところでした。

そういう保険の場合、子どもが成長するにしたがって必要な補償額は減っていくので、更新の時に補償額を減額して保険料があまり上がらないようにするのが一般的だそうですが、その時はそんな知識もなかったので、このまま5年毎にどんどん保険料が上がっていってしまうのかととても不安になりました。

同時に、自分が保険についていかに無知であるかを思い知らされました。

保険の見直し

テレビでよく「保険の見直し」についてのCMが流れていたので、私も我が家の保険について専門家に見てほしいと思ったのですが、その頃は長女がまだ2歳だったため、保険相談に出かけてもちゃんと話を聞いていられそうにありませんでした。

しかし、保険の見直しのサイトをよく見てみると、無料で訪問してもらえるという事だったのでお願いしてみる事にしました。

ファイナンシャルプランナーさんに話を聞いた

そして予約した日にファイナンシャルプランナーさん(以下FPさん)が来てくださって、いろいろと話を聞く事ができました。

まず、我が家のこれからのライフプランをざっくりとした形で書き出して、それに必要な保険について説明してもらいました。

夫に万一の事があった場合のための生命保険、けがや病気で入院した時のための医療保険、子どもの学資保険についてなど。

今まで保険、といってもぼんやりしたイメージだったのですが、ようやくそれぞれの保険の役割が自分の中で明確になりました。

今までは一つの保険会社の総合的な保険に入っていましたが、生命保険は○○生命、医療保険は△△生命というように自分たちのライフプランに合った保険を組み合わせて入る事もできるので、そういう形にしたいと思い、FPさんにいくつかプランを考えてもらいました。

各種保険のパンフレットを読んだりして、保険について知識がついてくると余計に迷う事も出てきて結局2社のFPさんに来ていただいて話を聞く事になりました。

保険に正解はない

そしてじっくり考えて組み合わせたプランで保険を見直す事にしました。

新しい保険に確実に入れるとは限らないので、今入っている保険は新しい保険に加入できてから解約するように気をつけました。

こんなにいろいろ迷った末に決めた保険でも、損得で考え出すと無限ループにはまってしまうので注意が必要です。

日本の医療保険制度があれば任意の医療保険は必要ない、という考えや、生命保険とがん保険だけでいいという考え方もあり、どの考え方も一理あるので迷いだすときりがありません。

FPさんに意見を聞き、自分たちでもよく考え、安心できて保険料にも無理のない保険プランを作ったら、あとは迷いすぎない事が大切かな、と思いました。


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

中島めめ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録