アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

今っぽデカ目になりたい人集まれ♡プロが厳選!ナチュラルデカ目を作る新作アイシャドウ3選

コスメコンシェルジュ、美容ライターの斎藤明子です。2020年春夏の新作アイカラーには、ピンクやイエローなどのきれい色や、シアーな質感のアイシーカラーが目立ちます。今回は、新発売のアイシャドウの中から、ナチュラルに目を大きく見せる「デカ目効果」を狙えるプチプラのアイシャドウパレットをご紹介します!

目次

デカ目効果を狙うアイメイクとは?

デカ目効果とは、目を大きく見せるメイク効果のこと。基本のメイク方法を知れば、誰でも簡単に今っぽいデカ目を作ることができます。

上の画像のグリーンの線(A)が締め色を入れる部分です。

上まぶたの際と、下まぶたの目尻1/3を目安に入れます。その上に、中間色をブルーの線(B)の範囲にブラシで入れてぼかします。この中間色はアイホール全体に入れます。

そして、ラメやグリッターなど光沢感のあるカラーを黄緑の線(C)の部分に入れます。

上まぶたは黒目の上、そして下まぶたは目頭からまぶたの半分くらいまで。光具合が控えめなラメカラーなら、下まぶた全体に入れても◎!

このメイクに必要なカラーがセットされているアイシャドウパレットを選ぶことがデカ目メイクへの近道です。

デカ目効果を狙うなら、やっぱりパレット!

ピンクやオレンジ、イエローなど大胆なカラーの組み合わせや、ブルーやパープルなどのアイシーカラーを思いっきり楽しみたい2020の春夏。ともするとまぶたが腫れぼったく見えてしまいがちなカラーでもありますが、まぶたの引き締めが狙える締め色と、デカ目効果に欠かせないキラキラカラーの同系色がセットになっているアイシャドウパレットを狙えば、しっかりデカ目効果を得ながらトレンドカラーを楽しむことができます!

筆者がおすすめパレットを3つ厳選しました!

上で説明したデカ目メイクをするにはどの色を使うのがオススメかも記載したので、参考にしてみてくださいね。

キャンメイク ジューシーピュアアイズ 12チャイティーローズ 600円(税抜)

まぶたに溶け込み、濡れたように輝く人気のアイシャドウから登場した新色は、春トレンドのブラウンローズがメインカラー。3色それぞれ、上のメイク法ABCのカラーにそのまま使える立体感メイクパレットです。

B IDOL THE アイパレ 01本命ブラウン 1,800円(税抜)

現役アイドルでありながら、you tubeで発信する美容情報も大人気のアカリンこと吉田朱里ちゃんプロデュースのB IDOL。待望のアイシャドウパレットが登場して話題になりました!

01本命ブラウンは、王道デカ目メイクが狙える万能パレット。

右下のカラーはハイライトカラーなので、Cゾーンやまぶたの下に。Aの締め色が思いっきりマットで引き締め効果が絶大!BとCは程よくツヤ感があり、かなりシアーなので、今っぽい立体アイメイクが叶います。

エクセル リアルクローズシャドウ CS09 (イエロータッセル ※限定色) 1,500円(税抜)

シアーな透明感が人気のリアルクローズシャドウ。4月14日発売のCS09 (イエロータッセル)は、まさにこのシーズンならではのトレンドど真ん中カラーの組み合わせ。

公式ホームページでは左上のカラーをまぶた全体に塗り、Bをアイホール全体に、Cを下まぶたに塗る方法がおすすめされています。Aの締め色にも透明感があるので、デカ目を狙うなら二重の真ん中に広めに入れてもOK。BまたはCを重ねるようにぼかしていくと立体感がでておすすめです。

今年らしい明るいカラーを軽やか纏いながら、目を大きく見せるメイクを楽しんでみてくださいね!

「#デカ目効果」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

斎藤明子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録