アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

やってる人は今すぐやめて!外と家では全然違う!おこもり中の「ブス見えNGベースメイク」

美容ライターの遠藤幸子です。外出を自粛して自宅で過ごす今、毎日のメイクも手を抜いてしまいがちです。しかし、それではブス見えしてしまうことも。今回はおこもり中にやりがちな、オンライン会議などでブス見えしてしまうNGベースメイクをご紹介します。当てはまるものがないかぜひチェックしてみてください!

目次

【おこもり中のブス見えNGメイク①】もはや隙なし!普段通りの完璧なベースメイク

いつも通りのメイクでなければ安心できないという人もいるかもしれませんが、自宅で過ごす時に完璧なベースメイクは必要ありません。

むしろ素肌感を活かして肩の力を抜いたラフさのあるベースメイクがピッタリ。

とはいえ、素肌にコンプレックスがあり、BBクリームやCCクリームなどでは心配な人は、素肌に溶け込むようなナチュラルな仕上がりになるクッションファンデを使いましょう。

スキンケア効果が高いものを選べばなおヨシ!おすすめは下記の商品です。

FEMMUE(ファミュ) エバーグロウクッション #ライブベージュ(全2色 SPF23・PA ++/税抜4,600円)

韓国の自然派コスメブランド「ファミュ」の人気商品。美容のプロにも愛用者が多く、圧迫感のない軽い付け心地が魅力です。

潤いで満たされたようなツヤを肌に与えながらキメを整えて美肌を演出します。植物由来の美容成分が贅沢に配合されていて、ケア効果が高いのもオススメポイントです。

【おこもり中のブス見えNGベースメイク②】ベースメイクは日焼け止めのみ

おこもり中とはいえ、急に宅配便が届いたり、オンライン会議が入ることもあります。それにも関わらず、気を抜いてベースメイクは日焼け止めだけで済ませては肌のアラが目立ってブス見えしてしまうことに。

大抵の日焼け止めはベースメイクの主役には不向き。とはいえ、ファンデまでは必要ないという人は、トーンアップ効果や肌色補正効果のあるCCクリームやBBクリーム、化粧下地などを使用しましょう。おすすめは下記の商品です。

ナチュラグラッセ メイクアップ クリーム #01 シャンパンベージュ(全2色 SPF44・PA +++/税抜2,800円)

これ1本で化粧下地・ファンデ・日焼け止め・保湿美容液の役割を兼ね備えたオールインワンクリーム。ブルーライトカット効果も99.2%と高く、スマホやPCが手放せない人にはイチオシです。

自然派ブランド発の商品であるため肌負担が軽く、保湿力が高いのも嬉しいところ。オフは石鹸でOKなうえ、輝くようなツヤのあるすっぴん風美肌に仕上げてくれます。

【おこもり中のブス見えNGベースメイク③】フェイスパウダーは使わない

CCクリームやBBクリームで作り上げたみずみずしいツヤ感を損ねたくないと、フェイスパウダーを使わない人もいるはず。

しかし、自宅で鏡を長時間見ずに過ごしているうちに皮脂や汗でTゾーンなどのテカリや崩れが気になることがあります。

そうすると途端に見苦しく見えてしまうので、やはりフェイスパウダーを使うのがベスト。ツヤを宿した仕上がりをキープしたいなら、下記のフェイスパウダーがおすすめです。

SUQQU(スック) オイル リッチ グロウ ルース パウダー(税抜6,000円)

美容オイル成分を高配合することでグロウなツヤを叶えるルースパウダー。厚塗り感や粉っぽさはないのに、美肌アップ効果があるのも頼もしいです。

【おこもり中のブス見えNGベースメイク④】コンシーラーを使わない

おこもり中は何かと手を抜きたくなるところですが、手の抜き加減を間違えるとだらしなく見えてしまいます。コンシーラーは使ったほうが確実に美人見えします。

とはいえ、いくつものコンシーラーを使い分けて作り込むベースメイクは必要ナシ。パレットタイプのコンシーラーで、気になる部分を自然にカバーしましょう。おすすめは下記の商品です。

ETVOS(エトヴォス) ミネラルコンシーラーパレット(SPF36・PA +++/税抜4,500円)

ナチュラルベージュ・オレンジベージュ・オークルベージュの3色がセットになったコンシーラー。クリーミーなテクスチャーで肌に溶け込むような自然な仕上がりを叶えながらしっかりフィットします。

これひとつでクマ、シミ、ニキビ跡、小鼻の赤みもカバー。低刺激なうえ石鹸で落とすことができるため敏感肌の人にもおすすめです。

いかがでしたでしょうか。今回はおこもり中にやりがちなブス見えNGベースメイクをご紹介しました。当てはまるものがあれば、今すぐに見直しましょう。

※記事内の商品価格は筆者購入時の価格です。

「#ベースメイク」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録