アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

冷蔵庫にあると便利!カンタンすぎる「なすの作り置き」2選

料理研究家・野菜ソムリエのsachiです。これから夏にかけて、旬を迎えるなすは、生でも食べられますし、焼いても揚げても、炒めても美味しい食材ですね!今回は、なすを使った作っておくと便利な作り置きレシピを2品ご紹介します。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • なすの南蛮漬け 15分
  • なすと鶏むね肉のピリ辛ごま酢和え 20分

このレシピを試すのにかかる金額

  • なすの南蛮漬け 150円(2人分)
  • なすと鶏むね肉のピリ辛ごま酢和え 350円(2人分)

なすの南蛮漬けレシピ

油との相性が良いナスを、炒めてから南蛮漬けのたれに漬けておくと、味しみしみの とっても美味しい作り置きになります!保存期間は、冷蔵庫で約1週間です。

材料(2人分)

ナス 3本
サラダ油(米油) 大さじ2杯
◎だし汁 大さじ2杯
◎醤油 大さじ1杯半
◎砂糖 大さじ1杯半
◎みりん 大さじ1杯
◎米酢 小さじ2杯
◎赤唐辛子(小口切り) 1/2本分

作り方

① なすは1口大の乱切りにして水に5分ほど晒してアク抜き、水気をふき取っておきます。

② サラダ油を熱したフライパンに1を入れ、箸で押して柔らかくなるまで炒めます。

③ 保存容器に◎を加えて混ぜ合わせ、②のなすが焼き上がった順に漬け込みます。

④ 冷めたらフタをして、冷蔵庫で保存します。

なすと鶏むね肉のピリ辛ごま酢和えレシピ

こちらのレシピは、なすに蒸し鶏を加えたボリューム感のあるお惣菜です。ピリ辛の味で、食も進みます。保存期間は、冷蔵庫で2、3日です。

材料(2人分)

なす 2本
鶏むね肉 1/2枚
酒 大さじ1杯
塩コショウ 少々
◎米酢 大さじ1杯
◎白すりごま 大さじ1杯
◎コチュジャン 小さじ1杯
塩 少々

作り方

① なすを洗ってそのままラップに一つずつ包み、600wのレンジで2分半〜3分加熱し、冷めたらヘタを落として縦に4等分、長さを半分にカットしておきます。

② 鶏むね肉は観音開きにして耐熱皿に入れ、酒・塩コショウを振って、ふんわりラップをかけて、600wのレンジで2分、裏返して2分加熱し、触れるくらいまで冷めたら、割いてほぐし、蒸し汁に浸しておきます。(蒸し汁に浸しておくと、パサつきがちな鶏むね肉が、しっとりとしますので、おすすめです。)

③ ②に①、◎を加えて和えたら塩で味を整え、保存容器に入れてフタをして、冷蔵庫で保存します。

これから夏に向けて、ひんやりと冷えたナスの作り置きは、あと1品のおかずや、お弁当の隙間埋めにも、作っておくと重宝します。

暑い時期の冷蔵庫に、ぜひ、なすのお惣菜を作り置きを常備しておいては、いかがでしょうか?

「#作り置き」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

sachi

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録