アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

100均グッズで簡単♡かさばりがちなメイクブラシをスッキリ!すぐ真似できる収納アイディア

毎日のメイクに使う「ブラシ」皆さんどのように収納していますか?今回は、メイクブラシがなかなか片付かないというお悩みをスッキリ解決できる方法をご紹介します。どれも100円ショップのアイテムで簡単に真似できるものばかり…!生活スタイルにあった収納法を探してみてくださいね!

目次

ブラシの数が少ないなら…いっそメイクポーチに入れて収納

2~3本しか使わない…という方はカバーをつけてコスメと一緒にポーチに収納してみてはいかが?カバーをもっていなくても、100円ショップで販売されているクリアファイルとセロテープさえあれば簡単に作れます。

① ブラシの幅の2.5倍ほどの長さを目安にクリアファイルを切り取ります。あとで調整できるので、長めでOKです。

② お好みで、マスキングテープを貼り飾り付けます。

③ 画像を参考に扇状に切り取ります。

④ ブラシに巻き付けサイズを確認。もし長すぎたらこの時点で調整してください。

⑤ セロテープでつなぎ合わせて、半分に折り曲げます。高さを整えて完成です。

カバーをつければメイクブラシもコスメも汚れず清潔に収納できます。

ダイソーでゲット♡メイクブラシ収納ポーチ

ブラシをたくさん持ち歩きたい…!という方はダイソーの『ブラシ収納ケース』を使った収納がオススメです。ブラシをいれてくるくると巻いて紐で縛って固定するタイプのブラシケースです。

ブラシの先を守る保護カバー付きで、汚れや滑り落ちを防げるスグレモノ。おうちでブラシ収納として使用すれば、必要な時にさっと持ち運べます♪

お洒落なボトルにいれて…メイクブラシ収納

ファンデーションやチーク用の大きなブラシは、ポーチに入れるとかさばりますよね。そんな時はお気に入りのボトルに入れて収納するのがオススメ。

100円ショップではお洒落な瓶がたくさん販売されているので、お気に入りのアイテムを探してみてくださいね。

ホコリが気になる…という方は、タンブラーに入れて収納する!というアイディアも!ネットで紹介され話題になった収納法なんですよ。フタもついているのでホコリからブラシを守れます。

キャンドゥで購入した、タンブラーにブラシを入れてみました。斜めにすれば長めのブラシも入ります。

ブラシが少ない場合は、ビーズや貝殻を入れると安定します。見た目もお洒落なので、インテリア小物にもなりそうですね。

今回はメイクブラシの収納法をご紹介しました。美しく変身するためのメイクブラシだからこそきれいに収納して、美しさに磨きをかけましょう♪

「#収納術」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

michill ライフスタイル

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録