アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

マスクする人全員見て♡マスクの時でも盛れる「ナチュラルデカ目メイク」のコツ

目線が目元に集まるマスクメイク。マスクしていると、ついついナチュラルなメイクになりがちですが、マスクしているときでも盛りたいのが女性の本音ですよね。ケバくないけれどしっかりデカ目で美人見えする、マスクの時のデカ目メイクをご紹介します。

目次

【マスクでも盛れるメイクPOINT1】アイシャドウは暖色系を選ぶ

マスクをしていると、チークやリップが見えないため、顔色が暗くくすんで見えがち。

また、どうしてもマスクって不健康な印象を与えてしまうので、唯一見えるアイメイクは暖色のアイカラーを使って血色感をプラスしてみてください。

イエベさんはオレンジ系、ブルベさんはピンク系のアイシャドウを選ぶとより顔の印象が華やかになります。

【マスクでも盛れるメイクPOINT2】ノーズシャドウは必須

普段はノーズシャドウを使わないという方も、マスクをするときはノーズシャドウをサッと入れてみてください。

マスクによるのっぺりとした印象が解消されるのと、デカ目効果や小顔効果もあり良いこと尽くめ。

マスクをしているので、ノーズシャドウを入れるのは眉下から鼻の付け根辺りまででOK!

【マスクでも盛れるメイクPOINT3】眉はいつもよりハッキリ長めに

眉毛をハッキリと描くだけで一気に目力がアップします。また、長めに描くことで顔の余白が狭くなり小顔効果も。

リップやチークとのバランスを考えなくて良い分やり過ぎ感も出にくいので、メイク初心者さんも思い切って描いちゃいましょう。

【マスクでも盛れるメイクPOINT4】二重線を描き足す

最近では専用のライナーも出ていますが、肌なじみの良いブラウンのアイシャドウやアイブロウペンシルでも代用可能。

二重線をより濃く、長く見せるために少し線を書き足すだけで、ナチュラルに盛れます。

一重の方は涙袋を描いてあげるのがおすすめです。

【マスクでも盛れるメイクPOINT5】まつ毛はとにかく長さ重視

普段ボリュームタイプのマスカラを使っているという方も、マスクをするときはロングタイプのマスカラがおすすめ。

ロングタイプのマスカラを使うことで顔全体が華やかになるので、マスク美人に近づきます。

また、ボリュームタイプのマスカラだとどうしてもまつ毛に重さが出てしまい、マスクによる蒸れでまつ毛が下がってしまうことも。

マスクの時のマスカラはどうしても湿気でまつげが下がりやすくなってしまうので、ロングタイプ・ボリュームタイプどちらを使用するにしても、カールキープ系のマスカラ下地が必須です。

「#マスクメイク」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

まる

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録