アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

子どもと一緒につくって楽しい♪コスパ最強の絶品おやつ!のり塩ポテト

料理研究家・野菜ソムリエのsachiです。自粛が緩和され始めていますが、まだまだおうちで過ごす時間は必要ですよね。今回は、作って楽しい、食べて美味しい、おうちで楽しく過ごせるおやつ、のり塩ポテトをご紹介します。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 20分

このレシピを試すのにかかる金額

  • 120円(揚げ油の価格を除く)

じゃがいもの栄養

じゃがいもは、「穀物の顔」と「野菜の顔」の2つを持ち合わせています。

主成分がでんぷんなのでエネルギーが豊富で、しかも味にくせがないので、主食として位置づける事も出来ます。国によっては、主食にしているところもありますね。

また、ビタミンCが多く、「畑のリンゴ」と言われるほど。しかも、じゃがいものビタミンCはでんぷんに守られているので、加熱による損失が少なく、ほうれん草のビタミンCは3分茹でると半分に減ってしまいますが、じゃがいもは丸ごと40分蒸しても3/4量のビタミンCが残ります。

のり塩ポテト・レシピ

のり塩ポテトは、熱々でもっちもちの、食べ出したら止まらないおやつです。

作り方はとっても簡単!茹でたじゃがいもを潰して丸めて揚げ焼きするだけ!ころころとポテトを丸めると、とっても可愛いビジュアルになりますよ〜♡

材料(12〜15個分)

じゃがいも 2個(300g)
片栗粉 大さじ3杯
塩 ひとつまみ
青のり 小さじ1杯
塩(仕上げ用) 小さじ1/4杯
揚げ油 適量

作り方

① じゃがいもは皮を剥き、1口大にカットして鍋に入れ、水をひたひたに注いで火にかけます。沸騰したら弱火にしてじゃがいもが柔らかくなるまで茹でて、湯切りをして軽く乾煎りして水分を飛ばし、ボウルに移して熱いうちにマッシャー(フォーク)などで潰します。潰れたら片栗粉・塩を加えてよく混ぜ合わせます。

② ①を、直径3cmくらいの球状に丸めます。

③ フライパンに揚げ油を1cmほど入れて中温(170〜180℃)に熱して②を入れ、時々転がしながら、全体にきつね色が付くまで揚げ焼きして、網に取って油を切ります。

※中温(170〜180℃)とは乾いた菜箸を入れてみたとき、または素材を油に入れたときに、細かい泡がシュワシュワッと上がってくる程度。

④ ボウルに③を入れて青のり・塩を加え、ボウルを振って、全体にまぶしたら、完成です!

茹でたじゃがいもを潰したり、球状に丸める作業はとっても楽しいので、お子様がいらっしゃるお家なら、一緒に作っても楽しめますね♪見た目も可愛いころころとしたポテトは、テンション上がること間違いなしです!

休みの日には、そろそろお出かけしたくなる頃でもありますが、もう少しお家でくつろぐ時間を大切にして、映画やドラマを見たり、ゲームを楽しんだりしてみませんか?

そして、お家時間を楽しく過ごすおやつに、ぜひのり塩ポテトを作ってみてはいかがでしょうか?

「#STAYHOME」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

sachi

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録