アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
錦糸卵、蒸し鶏、きゅうり、カニカマ、トマトののった冷やし中華

市販のタレにちょい足しアレンジ!我が家も冷やし中華はじめました!

暑い季節に美味しい冷たい冷やし中華。我が家でも、今年も冷やし中華はじめました。色とりどりの野菜に卵にハム。市販のタレにちょい足ししてアレンジしていただきます。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 30分

冷やし中華の季節ですね

暑くなってくると冷たい麺の出番が多くなってきますね。特に休日のお昼ごはんに麺類ですますことが我が家では多いです。

そうめん、ころうどん、冷やし中華・・・。冷やし中華、子ども達が小さい頃はあまり作りませんでした。というのも野菜が苦手という娘に卵アレルギーの息子。さすがに具無しの冷やし中華は美味しくないですもんね。となるとなかなか出番がなかったのですが、ここ1、2年でしょうか。娘も野菜がもりもりと食べられるようになったし、息子も火を完全に通した卵なら食べられるようになったので冷やし中華率が高くなってきています。

まだ6月ですが今年はかなりの頻度で作っては食べています。冷やし中華の具材って家庭それぞれにこれは必須みたいなのものがあると思います。我が家はきゅうりに薄焼き卵にハムは鉄板!きゅうりは実家の父の畑の採れたてです。これが瑞々しくって格別に美味しいのです。

中華麺に色とりどりの野菜に卵・ハムものるので栄養バランス的にも1皿でばっちり、作る方もこれ1つでメインになるのはありがたい。

我が家はごまだれが人気です。ごまの栄養価も優れているのでこれまたいいことづくめ。中2男子の息子は2人前をペロリと平らげます。

市販のタレにちょい足しアレンジ

かけるタレを手作りすればなおいいのでしょうが、我が家は名古屋のご当地グルメ寿がきやのチルドの冷やし中華かオーガニックスーパーで購入しています。どちらもごまだれ付です。

それにちょい足しアレンジで追いすりごまをたっぷりと入れてコチュジャンを加えて辛みをプラス。これがとっても美味しいんです。ぜひ、市販のタレにちょい足しして、自分好みにカスタマイズしてくださいね。

私のこだわりはなるべく具材を細く切ることです。そうすると麺と具材の絡みがよくって食べやすいかなと思っています。今回の具材はスナップエンドウの塩ゆでに人参(千切りにして塩もみしています)きゅうりと薄焼き卵、ハムにプチトマト。

彩りよく目でも美味しく

こちらは鶏むね肉のしっとり蒸し鶏にかにかま、きゅうり、トマト、薄焼き卵にラディッシュをのせた冷やし中華です。なるべく彩りよくをいつも意識して作っています。

鶏むね肉の蒸し鶏は鶏むね肉1枚を均等な厚みにするために厚い部分を包丁で開きます。フォークで全体に穴をあけ塩を全体にします。鍋に鶏むね肉、生姜の薄切りとネギの青い部分をいれて大さじ2のお酒を振り入れ弱火で蒸します。5分たったら裏返してさらに7~8分ほど蓋をして蒸します。蒸し上がったらそのまま冷めるまで鍋にいれておきます。弱火で火をいれるのでしっとりジューシーな蒸し鶏になりますよ。

まだまだこれからが夏本番!冷やし中華をご家庭ごとにいろいろアレンジして美味しく楽しんでくださいね。

「#おうち中華」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

masayo

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録