アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
毛穴ケア メイク NGメイク

やってる人は今すぐやめて!隠すつもりが逆に毛穴を目立たせるNGケア&メイク

コスメ&メイクライターの古賀令奈です。毛穴の目立ちが気になって、お手入れやメイクに力が入りすぎていませんか?毛穴は対策を誤ると、かえって悪目立ちしてしまいやすいものです。今回は毛穴を目立たせてしまうNGケア&メイクについてお伝えします。

目次

NG毛穴ケア&メイク①:ピンセット、角栓パック…「角栓を物理的に取る」

毛穴のつまりや黒ずみを無理に取るのは禁物。爪や器具で押し出したり、ピンセットで取り除いたり、角栓パックで剥がしたりすると、毛穴に負担を与えてしまいます。

物理的に取ると爽快感があるかもしれませんが、皮脂の分泌を増やしたり、角層が厚くなったりする原因に。より毛穴がつまりやすくなる可能性があるため、物理的な除去は控えましょう。

NG毛穴ケア&メイク②:ピーリング、洗顔時の摩擦にも注意!「刺激の与えすぎ」

スキンケアが好きな方は特にご注意を。スクラブ洗顔やピーリング、ふきとりケアなど、よかれと思っているお手入れが刺激を与えているおそれがあります。

毛穴は刺激を受けるほど目立ちやすくなるもの。洗顔時に肌をこするのもNGです。

摩擦によってダメージを受けてしまうため、洗顔料はやさしくなじませ、洗い流す時もこすらないように気をつけてください。

スキンケアでも肌をこすらず、手のひらでやさしく包み込むようになじませましょう。指でなじませる時は、力が入りにくい薬指を使うと圧を和らげやすくなりますよ。

NG毛穴ケア&メイク③:重ねるほど目立つ!?「ベースメイクの厚塗り」

メイクは毛穴カバーに役立つものの、方法を誤るとより一層毛穴を目立たせてしまうことも。特に注意したいのが、厚塗りです。

ファンデーションを塗りすぎたり、ベースメイク品を多種類使ったりすると、毛穴がどんどん目立ってしまうことがあります。

隠したい気持ちが強い時ほど、あえてセーブを。塗るアイテムは最小限にとどめ、少量ずつのせて薄づきを意識してください。

開き毛穴には埋めるタイプのコンシーラー(画像左)を、黒ずみ毛穴には色つきのコンシーラー(画像右)を使うと効率的にカバーできます。

NG毛穴ケア&メイク④:つるんと綺麗、でも毛穴には負担「毎日のハードなカバー」

毛穴をしっかり隠したい時は、パウダーファンデーションを使ったテクニックがおすすめです。

ブラシにパウダーファンデーションをとり、くるくると円を描くように毛穴に入れ込むと、高いカバー力が期待できます。

ただし、この方法は毛穴への負担が大きいため、日常的な利用はおすすめしません。コンシーラーも同様に毛穴にとっては負担になるため、マスクで隠せる日はベースメイクを軽く済ませるなどして肌を休ませてあげたいですね。

ケアもメイクもほどほどに、毛穴と上手につきあおう

毛穴にとって、摩擦をはじめとする刺激はダメージの原因になってしまいます。毛穴の悩みはすぐに解消できるものではないため、お手入れには根気が必要です。

存在感を薄めるためにも、お手入れはソフトに行い、メイクも予定にあわせて方法を選び、上手につきあっていきましょう。

「#毛穴ケア」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

古賀令奈

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録